[連載]アメリカの高校生が学んでいる「経済学」

※本連載は、デーヴィッド・A・メイヤー氏の著書『アメリカの高校生が学んでいる経済の教室』(SBクリエイティブ)より一部を抜粋・再編集したものです。

本連載の著者紹介

ウィンストン・チャーチル高校 AP経済学教師

テキサス大学サンアントニオ校で教育心理学の博士号を取得。高校教師として学生に経済学を長年教える。2004年以来、教えを受けた学生の400人以上がAP経済学試験で大学の単位を取得。

高校教師として指導する傍ら、アメリカ合衆国における大学入試の標準テストのひとつであるSATや、アドバンスト・プレイスメント、APプログラムと呼ばれる高等教育カリキュラム等の策定・運営を行っている非営利団体・カレッジボードにおける高校生向け経済学のカリキュラムのコンサルタントを長年務めてきたキャリアも持つ。

著者紹介

翻訳家

早稲田大学第一文学部卒。訳書に『アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書』『睡眠こそ最強の解決策である』(いずれも、SBクリエイティブ)、『THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法』『THECATALYST 一瞬で人の心が変わる伝え方の技術』(いずれも、かんき出版)、『The Number Bias 数字を見たときにぜひ考えてほしいこと』(サンマーク出版)、『できる人の考え方のルール』(ディスカヴァー21)などがある。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ