[連載]子どもに迷惑をかけないために…60代からの「介護・お金・暮らし」の準備

※本連載は、太田差惠子氏の著書『子どもに迷惑をかけない・かけられない! 60代からの介護・お金・暮らし』(翔泳社)より一部を抜粋・再編集したものです。

本連載の著者紹介

離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ 理事長
介護・暮らしジャーナリスト
AFP

京都市生まれ。1993年頃より老親介護の現場を取材。取材活動より得た豊富な事例をもとに「遠距離介護」「仕事と介護の両立」「介護とお金」等の視点でさまざまなメディアを通して情報を発信する。企業、組合、行政での講演実績も多数。AFP(ファイナンシャルプランナー)の資格も持つ。

一方、1996年親世代と離れて暮らす子世代の情報交換の場として「離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ」(http://paokko.org/)を立ち上げ、2005年法人化した。現理事長。

2012年立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了(社会デザイン学修士)。

【主な著書】
「親の介護には親のお金を使おう!」(集英社)、「親の介護で自滅しない選択」(日本経済新聞出版社)、「親が倒れた!親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」「高齢者施設 お金・選び方・入居の流れがわかる本 第2版」(共に翔泳社)、「マンガで知る! 初めての介護」(文、監修:集英社)、「老親介護とお金」(アスキー新書)、「遠距離介護」(岩波書店)など

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧