パートナーの緊急事態…「救急車を呼ぶ・呼ばない」判断の境目

人生100年時代の「老後」は想像以上に長いもの。入院や介護、相続で「子どもに迷惑をかけたくない」というのが親心ですが、そのためには元気なうちから備えておかなくてはいけません。もし、配偶者が突然倒れたり、入院することになったりしても慌てずに正しく対応できますか? 老親介護の現場を取材し続けた筆者が、実践的な知識を紹介します。※本連載は、太田差惠子氏の著書『子どもに迷惑をかけない・かけられない!60代からの介護・お金・暮らし』(翔泳社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「寝たきり」の分かれ目…こんな症状が出たら即病院

**************

【事例① Cさん(60代・女性)】

夫と二人暮らしです。先日、午後10時を回った頃に、風呂場から出た夫が激しいめまいに襲われ、ベッドに倒れ込みました。私は「救急車を呼ぼう」と提案しましたが、夫が「楽になったから」と言うので、一旦、様子を見ることに。

 

ところが翌朝、夫はまったく身体を動かすことができなくなっていました。救急搬送されると、脳梗塞と判明。倒れてから12時間以上経過しており、重篤化してしまいました。脳梗塞の治療は時間との戦いです。駆けつけた長男は「せめて僕に知らせてくれていたら」と悔しがりました。

**************

 

多くの人が「できれば寝たきりは避けたい」と考えているのではないでしょうか。子どもの立場からも同様だと思います。

 

寝たきりの原因第1位は「脳卒中」です【図表】。「手足」「顔」「言葉」に異変があらわれたら危険な兆候。

 

出典:厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査の概況」より作成
【図表】寝たきり(要介護5)となった主な原因の割合 出典:厚生労働省「平成28年 国民生活基礎調査の概況」より作成

 

後遺症を最小限に抑えたいなら、直ちに病院へ行く必要があります。発作から数分で脳細胞の壊死が始まるからです。発症から4時間半以内に「血栓溶解療法」という治療を開始できれば、後遺症のない状態になる可能性が高まりますが、どこの医療機関でもできる治療ではないので、朝まで様子を見ている場合ではありません。

 

**************

【脳卒中の典型的な初期症状】

●片方の手足が動かない、しびれる

●顔の半分が動かなくなる、しびれる

●ろれつが回らない、うまく言葉を発することができない

●頭痛、めまい、舌のもつれ、手足のしびれなどの前ぶれ症状も

 

⇒症状があらわれるのは突然。「手足」「顔」「言葉」に異変を感じたら「様子見」せずにすぐに救急車を!

**************

救急車を呼ぶべき?迷う前に「医療情報ネット」で検索

深夜に救急車のけたたましいサイレン音が響くのは「ご近所の手前…」と考えがちです。実際、救急搬送を依頼するときに「サイレンを鳴らさずに来てください」と頼む人は多いようですが、緊急自動車の運転中にサイレンを鳴らし、赤色の警光灯をつけることは法律で定められています。

 

とはいえ、救急車を呼びたくないからと自家用車やタクシーで病院に行くと、診療までに時間がかかることもあります。

 

救急車を呼ぶべきか迷ったら、地域によっては「救急相談窓口」が設けられているので活用しましょう。また、各都道府県で医療機関の適切な選択を支援することを目的に「医療情報ネット」を作成しています。倒れてからでは調べるゆとりはないので、今すぐ「住んでいる都道府県+医療情報ネット」と検索してみましょう。

一切家事をしない夫…妻の緊急入院で「困った」

**************

【事例② Hさん(80代・男性)】

妻が緊急入院しました。下着やパジャマを病院に持っていかなければならないのですが、これまで家のことは妻に任せきっていました。何がどこにあるのか、どうすればいいのか分からず、別居する長女にSOSしたところ、必要な物をそろえてくれて本当に助かりました。

 

当面の家事は私がやることになりますが、妻がこだわって使っていた二層式の洗濯機や多機能オーブンレンジは使いづらく…。長女のすすめもあって、全自動洗濯機やシンプルな電子レンジに買い替えました。

**************

 

配偶者が突然入院すると、困ることがあります。特に夫婦二人暮らしの場合、妻の入院で「家事」に支障が生じるおそれはないでしょうか。なんでもかんでも子どもに頼ることはできません。

 

家族の人数が多い時期に使っていた炊飯器や電子レンジ、洗濯機などの家電は、一人や二人暮らしでは使いづらいことがあります。こだわりから二層式洗濯機を愛用する人もいますが、配偶者に操作が難しいなら買い替えどきかもしれません。

 

家事に限らず、老親の介護、ペットの世話など、自分に何かあっても継続必須のことは、日頃から夫婦双方ができるようにしておきましょう。

入院中の食事やトイレの世話は、原則「病院側の仕事」

病院の立地や交通手段にもよりますが、毎日朝から晩まで付き添うことを自分自身に課すのはやめましょう。病床の配偶者に寄り添うことは大切ですが、ずっと病室にいると疲れがたまります。

 

また、いつも病室にいると看護師から食事やトイレの世話を委ねられることもありますが、それが「役割」となると厳しいものです。

 

ただし、次のようなときは夜間を含めた付き添いを求められるケースも。

 

**************

【病院から夜間も含めた付き添いを求められるのは?】

●危篤など容態が重篤な場合

●認知症などにより、暴れたり騒いだりする場合

●本人が管を抜くなど治療を妨げる場合

●容態の急変が考えられる場合

 

⇒原則、食事やトイレの世話は入院費用に含まれており、家族の「仕事」ではない。共倒れしないように、無理な付き添いはNG!

**************

 

昔と違って付添婦をお願いすることはできないので、家政婦さんを「家族」と偽って依頼する人もいます。また、見ていないと点滴を自分で抜いてしまうなど治療に支障がある場合、「身体拘束への同意書」を求められることがあります。正解はありませんが、仕方のないことも…。

 

子どもにも「毎日の見舞い」を強要するのはNGです。それぞれのできる範囲を心がけることが、共倒れしないコツです。

 

 

太田 差惠子

介護・暮らしジャーナリスト

離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ 理事長

 

 

 近日開催!注目のセミナー 

※ 【9/29開催】資産はあるけど活用方法にお悩みの方必見のオンラインセミナー!

 

※ 【10/2開催】「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

 

 9-10月開催のセミナー 

 

※ 【9/30開催】自己資金0円で始める!次世代のアパート経営「ROBOT HOUSE」の全貌

 

※ 【10/2開催】節税+利回り6.16%!新感覚「グランピングリゾート」

 

※ 【10/7開催】中小企業を救う「次期社長育成」緊急セミナー

 

※ 【10/13開催】次世代の医療~栄養状態に着目した診療ポイント【医師・歯科医師限定】

 

※ 【10/15開催】FC事業日本初!「eスポーツ」×「障がい者就労支援」ビジネスの全貌

 

※ 【10/16開催】大規模修繕で「資産価値」アップ!「信頼できる施工会社」の選び方

 

※ 【10/16開催】1棟アパート投資「利回り20%」「売却益2千万」を獲得!

 

※ 【10/22開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える税金対策・資産運用セミナー

 

※ 【10/23開催】最強の資産防衛術「都心・目黒×新築レジデンス×不動産小口化商品」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産家ドクターになる「不動産投資」講座

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

介護・暮らしジャーナリスト

京都市生まれ。1993年頃より老親介護の現場を取材。取材活動より得た豊富な事例をもとに「遠距離介護」「仕事と介護の両立」「介護とお金」等の視点でさまざまなメディアを通して情報を発信する。企業、組合、行政での講演実績も多数。AFP(ファイナンシャルプランナー)の資格も持つ。

一方、1996年親世代と離れて暮らす子世代の情報交換の場として「離れて暮らす親のケアを考える会パオッコ」(http://paokko.org/)を立ち上げ、2005年法人化した。現理事長。

2012年立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了(社会デザイン学修士)。

【主な著書】
『親の介護で自滅しない選択』(日経ビジネス人文庫)、『遠距離介護で自滅しない選択』(日本経済新聞出版)、『親が倒れた!親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版』『高齢者施設 お金・選び方・入居の流れがわかる本 第2版』『子どもに迷惑をかけない・かけられない! 60代からの介護・お金・暮らし』(以上翔泳社)など多数。

著者紹介

連載子どもに迷惑をかけないために…60代からの「介護・お金・暮らし」の準備

子どもに迷惑をかけない・かけられない! 60代からの介護・お金・暮らし

子どもに迷惑をかけない・かけられない! 60代からの介護・お金・暮らし

太田 差惠子

翔泳社

人生100年時代の「老後」は思った以上に長い…。 入院したり、介護が必要になったら? 配偶者が亡くなり一人暮らしになったら? 今の住まいにずっと住み続けられるか? 老後資金はどのくらい必要か? 相続やお墓で家族…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!