[連載]年齢を重ねるごとになくなっていく「居場所」…。どうすれば幸せなまま人生を続けられるのか

家族、学校、友人、職場、地域……安心できる所属先としての「居場所」は、年齢を重ねるごとにつくるのが難しくなり、時に私たちは「居場所がない」と嘆く。

また「そこだけは安心」という信念が強すぎるがゆえに、固執し、依存するという弊害も生まれる。

本連載は、「居場所とどう付き合っていくか」について、ソロ社会及び独身生活社研究の第一人者の荒川 和久氏の著書『「居場所がない」人たち』(小学館)より一部を抜粋し、再編集しお送りいたします。

本連載の著者紹介

早稲田大学法学部卒業。

ソロ社会及び独身生活社研究の第一人者として、テレビ、新聞、雑誌、WEBなど国内外のメディアに多数登場。著書は韓国、台湾でも翻訳本を展開。

著者紹介

関連書籍の紹介

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ