[連載]分譲マンション危機

どんなマンションでもいずれは起こる、 住民を悩ます数々の病理 国民の約10人に1人は分譲マンションで生活するといわれる現代。今、マンションに住む人たちは大きな危機に瀕している。 老朽化と大規模修繕、管理組合の人付き合い、住民の転居と高齢化……。マンション購入時には明かされない、築年数ごとに直面する課題と解決策を専門家が徹底解説。

本連載の著者紹介

一級建築士 設備設計一級建築士 

1948年生まれ。1972年、総合建設会社建築設計部に入社。分譲マンションをはじめ、他用途の建築物の設計・監理及び施工支援に従事。定年退職後、【建築総合サポート】=〈建築総合サポート一級建築士事務所〉及び〈マンション総合サポート管理士事務所〉を開設。分譲マンションの管理組合運営支援、長期修繕計画書作成、大規模修繕工事支援など、建物に関するあらゆる不安解消と問題解決に取り組む。 一級建築士、設備設計一級建築士、マンション管理士その他多数の資格を所有。

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧