前回は、アメリカ資本が主導した「アンティークコイン価格」の高騰事例を紹介しました。今回は、金融マネー流入によって、アンティークコイン市場が受けた影響を見ていきます。

コインの希少性が、市場の極端な拡大を防ぐ

ウォール街のアメリカ人投資家に代表されるように、今後は世界中の金融界の資金がアンティークコインを目指してやってくると見ています。すでにその兆候は見えており、実際に市場規模は拡大し続けることでしょう。

 

日本の市場についていえば、現状、当社では200億円程度と見ていますが、1000億円ぐらいの規模には遠からず到達すると思います。このまま拡大し続け、将来的に1兆円の市場になるかといえば、そうはならないと考えています。

 

その理由は価値のあるアンティークコインが市場に出回らないからです。もし常に豊富な選択肢があるなら、アンティークコインの希少価値は消滅してしまいます。

 

限界があるので、私の予測では800億〜1000億円に到達した時点で一般のサラリーマンや中間層が参加し始め、デリバティブ的にアンティーク預金などが始まりだした場合に、2000億円規模でまとまりそうな感じを持っています。

 

もしも、1兆円の市場になるとしたら、現状100万円程度の価値のコインが1000万円の値をつけることでしょう。しかし、そこまではいかないのでは? というのが、私の見解です。

中国人が参入すれば、コインが手に入らなくなる恐れも

現在、アンティークコインの市場を支えているのは世界の富裕層です。お客様からは「彼らが世代交代したら、若い跡継ぎは興味がなくなり、買い手がいなくなるのでは?」というご意見もいただきます。これについて心配は無用です。

 

実は参加いただいている世界の富裕層は、トップ全体の0.1%にも満たないと思います。世界規模でも1兆円そこそこの市場ですから、実際にはまだまだ知られていないというのが現状です。

 

また、アンティークコインを親から子へ継承するという意味は、ヨーロッパの人々にとって、我々日本人が考える以上の意味があります。世代交代は特に問題視していません。

 

今後は日本、アメリカ、そしてヨーロッパと世界的に認知度が高まり、参加人口が増加していくと思います。先進各国に影響され、発展途上国のトップがこれに参加し、さらに世界で広がりを見せていきます。

 

また現在、中国人の主な関心は自国の古銭にあります。中国人がヨーロッパコインに本格的に関心を持ち、市場に参入してくることがあれば、一気に市場は拡大することでしょう。ただそうなれば、物がなくなってしまう恐れもあります。

 

アンティークウォッチがまさにそのような動きをしました。3年前、ヨーロッパをはじめとするアンティークウォッチに中国人が目をつけ、価格が一気に跳ね上がりました。そのような状況がアンティークコインに起きないとは言いきれません。

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2016年11月20日刊行の書籍『海外富裕層がやっている“究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    海外富裕層がやっている “究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

    海外富裕層がやっている “究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

    西村 直樹

    幻冬舎メディアコンサルティング

    ギリシャ危機、イギリスのEU離脱・・・グローバル化した経済の中では、世界のどこかで何かが起これば金融相場の激しい変化に直結します。株も投資信託も不動産も、安心して保有できる資産ではなくなっています。 しかし、資産…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ