▲トップへ戻る
高齢になったら減らしていきたい投資商品の割合

今回は、高齢になったら投資商品の割合を減らすべき理由を改めて見ていきます。※本連載では、CFP(サーティファイド ファイナンシャル プランナー)髙橋佳良子氏の著書『2択クイズでまるわかり! あとあとモメない「終活」はどっち?』(すばる舎)の中から一部を抜粋し、老後の生活設計と資産管理を中心に「お金終活」をどのように進めるべきか、その基本を解説します。

自分の理解が及ばない金融商品には手を出さない

銀行の定期預金は、日本経済がデフレからなかなか抜け出せないこともあり、低金利時代が続いています。そのため、定期預金だけでは貯蓄が増えないばかりか、インフレーションが起きたら資産価値が目減りするのではないか、という不安すらあります。そこで最近では、財産を投資商品で運用する人が増えてきました。

 

筆者が考えるに、投資を行っている人は、次の2種類に分けることができます。

 

●趣味として楽しんでいる人

●勧められたからやっている人

 

まず、「趣味として楽しんでいる人」は、利益を得ることはもちろんですが、自分の予想が当たる快感や、株価のチャートを眺めるときのワクワクした気持ちを得るために投資をしているようです。こういう人は、自分の理解が及ばない金融商品などには手を出さないことに注意しつつ、経済情勢や財布と相談していければ安心です。

 

問題は、「勧められたからやっている人」です。

 

誘ってくるのは、多くの場合は銀行です。まとまったお金を銀行に預けていると窓口で声をかけられて、「一部を投資信託や保険で運用してみないか」などと持ちかけられます。なぜ銀行が投資商品の営業に熱心なのかといえば、金利が低いということは、銀行が企業に融資したときの利子も少ないということであり、代わりに、金融商品を販売する際の手数料に、収益源として期待をかけているからです。

 

こうした場合、自分の判断で運用しているわけではないので、投資した商品の現況が理解できていないことが多いうえに、相場が変わるごとに、銀行の担当者の勧めるがままに商品を入れ替えて、財産がどんどん目減りしてしまう人までいます。

 

自分の理解が及ぶ範囲で、納得して運用できていないのであれば、そもそも投資を行うべきではないでしょう。

現金が必要なときにすぐに使えるようにするには…

では、「趣味として楽しんでいる人」は、人生の最後まで投資を楽しんでも良いのでしょうか?結論から言うと、そうではありません。残念ながら、高齢になっても投資を続けていくと、問題が2つ出てきます。

 

ひとつは、有料老人ホームの入居費用、家のリフォーム代など、まとまった資金が必要となったとき、すぐに現金化できるとは限らないという問題です。投資商品は常に値が動いているので、お金を使いたいときに利益が出ている保証はありません。

 

大きく損が出ている状態でも、無理に売却して現金化しなければならないケースが生じてしまいます。ですから、老後の財産が減っていくに従って、徐々に投資商品を現金化していくのが得策といえます。もちろん、必要なお金を他に持っていて、預貯金から融通できるのであれば問題ありません。

 

もうひとつは、認知症や寝たきりになってしまった場合に、本人が手続きをできなくなることです。こうなると原則として、投資商品を解約することも、追加することもできなくなるので、そのまま放置しておくしかありません。

 

やがて本人が亡くなって、家族が投資商品を相続することになりますが、これには名義人の変更など厄介な手続きが山積みです。相続人も扱いに困ってしまうでしょう。

 

これらを考えると、たとえ趣味として投資を楽しんでいるとしても、高齢になるに従って投資商品の割合を減らし、預貯金にシフトしていくのがベストでしょう。勧められて投資をしている人は、すぐに運用の見直しを。

株式会社ライフアンドマネークリニック
三世代充実生活研究所 CFP(サーティファイドファイナンシャルプランナー)

1965年生まれ。広島修道大学大学院人文科学研究科修士課程(社会学専攻)卒業後、1990年にFP資格を取得。お客様へのコンサルティングを通して、資金計画や保険の見直しだけではなく、人生プラン・終活・心の持ち方・人間関係の重要性を痛感し、2001年にライフアンドマネークリニックを設立。2007年には金融庁による、金融知識普及功績者表彰を受ける。2015年に三世代充実生活研究所を設立。終活に関して現場感を大切に、「第三者の目線」で消費者向け、事業者向けの講演・研修・コンサルティングを全国で行う。

株式会社ライフアンドマネークリニック

三世代充実生活研究所

著者紹介

連載老後の生活設計と資産管理のための「お金の終活」講座

本連載は、2017年3月刊行の書籍『2択クイズでまるわかり! あとあとモメない「終活」はどっち? 』から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

2択クイズでまるわかり! あとあと モメない「終活」はどっち?

2択クイズでまるわかり! あとあと モメない「終活」はどっち?

髙橋 佳良子

すばる舎

終活の専門家がイチから伝授!家族が崩壊しないために今すぐ始められる人生のしまい方。老後資金、介護、相続etc…ポイント50。

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧