確定申告に備えてルーティン化したい「月末の集計表作成」

前回は、一日10分で済む「お金を貯める」ための習慣について取り上げました。今回は、確定申告に備えてルーティン化したい「月末の集計表作成」について見ていきます。

毎月続ければ、12月末に決算修正するだけでOK

前回の続きです。

 

一日の仕事が終わったら、〝プシュッ〟と仕事終わりのビールに行く前に、「売上、経費の管理→出納帳の記帳→領収書整理をしてくださいね」と申し上げました。こうした日々の作業が、確定申告に向けての第一ステップとなるわけですが、第二のステップとして、月末にルーティン化していただきたいのが、「集計表」(下記図表)の記入です。

 

[図表]集計表の見本フォーマット

 

一見、面倒なようですが、実はシンプルです。月末の作業としては、

 

1 まずは収入を出します。

 

売上に、販売用商品を自分で消費した「家事消費」やその他の収入があれば加えます。

 

2 日々、記録していた現金出納帳、通帳やカードなど現金以外の支払いレシートなどを見ながら、経費を科目ごとに合計し、入れていきます。

 

「利益-経費」の差引額から、家族を従業員にしていたら、その給与を差し引くと、月ごとの大まかな所得金額(利益)が出ます。

 

これを毎月続けていけば、確定申告に向けては、12月末に決算修正すればOKです。普段は収支ベースで記帳している人も、発生ベースで、売掛金・前受金や買掛金・前払金を確認し、減価償却をすませます。さらに、業種によっては、在庫の管理、棚卸作業をし、売上原価を出す必要があります。

1年の儲けを示す「損益計算書」もすぐに完成

公式は「売上原価=期首棚卸+当期仕入金額-期末棚卸」。つまり、「期首棚卸高」(年度開始にあった商品の総額)に「今期の仕入高」を足し、「期末棚卸高」(年度末にあった商品の総額)を引くと、「売上原価」(商品の仕入れ、製造にかかった費用)が出ます。そして、売上から売上原価、経費(減価償却費含む)を引くと、最終的な利益(所得)が出ます。

 

公式にすると、

売上-売上原価-必要経費(減価償却費も含む)=利益(所得)

となります。

 

実は、この集計表は、白色申告および青色申告のライト版(簡易帳簿で記帳)で必要となる損益計算書(PL)のフォーマットに準じています。損益計算書は1年の儲けを示すもの。つまり先の公式を表にしたものになります。

 

つまり、この集計表さえつけておけば、年度末に決算修正を加えるだけで、難しそうに思える損益計算書もそのまま完成するというわけです。さらに収入、所得さえ出れば、あとはさまざまな控除を差し引くだけで、納めるべき税金の計算もスムーズに算出できるはずです。

 

いかがでしょうか。1日のルーティン、月末のルーティンを決まって続けていけば、確定申告も恐れるべからず、です。

あなたにオススメのセミナー

    関東信越税理士会行田支部 税理士

    1999年税理士資格取得。税理士事務所に所属しながら顧客を増やすことを考えていたものの独立を決意し、櫻井税理士事務所を開設。2017年4月より、埼玉県羽生市に「ふたば税理士法人」を設立し、代表社員として税務・会計はもとより、独立開業支援から相続・贈与、事業承継まで、個人事業主の経営を全面的に支える。
    2007年11月より、関東信越税理士会埼玉県支部連合会が開設した会員相談室の相談員として、県内の税理士及び税理士事務所の職員からの相談業務を行っている。
    関東信越税理士会行田支部所属、日本税法学会会員、租税訴訟学会会員、日本ファイナンシャルプランナーズ協会会員。

    著者紹介

    連載月1回だけでOK!個人事業主のための領収書整理術

    本連載は、2017年2月24日刊行の書籍『どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の法律、税制改正等、最新の内容には対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

    どんどん貯まる個人事業主のカンタンお金管理

    櫻井 成行

    幻冬舎メディアコンサルティング

    個人事業主にとって、日々のお金の管理や確定申告は、頭を悩ませることのひとつです。忙しい仕事の合間を縫って、毎年〆切ギリギリに何とか税理士に資料を提出する、という人も少なくないでしょう。数字や計算が苦手な人は特に…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ