状況によっては大きな節税効果も!? 不動産を活用した相続対策

前回は、相続税を減額できる「小規模宅地等の特例」の概要について解説しました。今回は、ケースによっては大きな節税効果が得られる、不動産を活用した相続対策について見ていきます。

実際の市場価格より評価額低く抑えられる!?

相子 先生、「小規模宅地等の特例」が使えるなら、現金は不動産化しておいたほうがお得なんですか?「相続税対策に不動産を建てないか」という広告チラシをよく目にするんですが、不動産を建てると相続税の節税になるんですか?

 

北井 たしかに不動産の購入が相続税対策として有効な場合があります。これは不動産の相続税評価額に「からくり」が隠されているのです。

 

相子 どういう「からくり」なのでしょうか?

 

北井 土地や建物が相続財産としていくらと評価されるのかということです。たとえば3000万円の現金や預貯金はそのまま3000万円と評価されます。ところが不動産は路線価などを基準に評価される上、さまざまな特例があるので、評価は実際の市場価格よりかなり低く抑えられるのです。

空室が増えると返済が滞り、担保を失うリスクが・・・

相子 どのくらい低くなるのですか?

 

北井 相続税評価額としては、一般的に建物で建築費の5~6割程度、土地は更地の8割程度で評価されます。購入した不動産がアパートやマンションなどの賃貸住宅の場合には、さらに借地権・借家権の分が引かれます。5000万円でアパートを購入した場合の試算を例として考えましょう。

 

[図表]不動産による節税効果

 

相子 すごい! うちでも早速、父にすすめてみようかしら。

 

北井 ただ、アパートやマンションの経営は簡単ではありません。特に借入をして建てた場合は、家賃収入で月々のローンを支払わなければなりません。空室が増えるとローンの返済が滞り、結局担保となっている土地を失ってしまう危険性があります。その土地に賃貸物件を建てて利益を出せるのか、しっかり検討してから決めることが大切です。その点も専門家である税理士に相談することをおすすめします。

税理士法人ティームズ 代表社員税理士

1971年生まれ。大学在学中から簿記会計の勉強を始める。2004年、税理士登録(登録番号100186)。大手の資格試験専門学校での講師経験もあり、講師時代は丁寧でわかりやすい解説で受講生から高い評価を得た。2011年11月、税理士法人ティームズ設立。全国で税務相談や顧問契約、会社設立サポート、相続・不動産の相談などを行う。会社設立後の経営サポートと不動産関連の実績に定評があり、相続をはじめ、各種税務の相談多数、セミナーでは丁寧でわかりやすい解説で人気を博す。

著者紹介

連載「円満相続」のための相続税対策の基礎知識

本連載は、2016年12月14日刊行の書籍『「相続」のことがたった1時間でわかる本』(幻冬舎メディアコンサルティング)から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

「相続」のことがたった1時間でわかる本

「相続」のことがたった1時間でわかる本

北井 雄大

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税の納税資金が足りず資産を手放すことになった、知らぬ間に親が多額の借金をしていた、相続財産の分配について家族間で争いが起こった……。相続では、正しく対策を打っておかなければ、残された家族が大きなトラブルに巻…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧