▲トップへ戻る
日本ウェルス銀行は投資家の「香港」活用を加速させるか?

新生銀行やマネックスグループなどが共同出資し、2015年5月に開業した日本ウェルス銀行(香港、NWB)。今回、証券業免許も取得し、銀行・証券にまたがる金融サービス提供する「ユニバーサルバンク」として本格稼動する。

証券業免許取得で2015年10月12日から本格開業

香港で2015年5月に開業した日本ウェルス銀行(Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank:NWB)が、9月25日、香港の証券監督局(SFC)から証券業免許を取得し、10月12日から本格開業する。

 

今回、同行に付与されのは、証券売買業務(Type 1)と証券アドバイザリー業務(Type 4)にかかる免許。同行はこれまで香港で取得した銀行ライセンスのもと、預金受け入れ等を行っていたが、今回の証券業免許取得により、債券や投資信託の販売を行うことが可能となり、香港ではスタンダードといえる「ユニバーサルバンク」としての活動を開始する。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京(幻冬舎)で開催/香港現地での研修会もあり

本稿執筆の長谷川建一氏が特別登壇!

 

個人投資家の場合、最低預かり資産金額10万米ドル(約1200万円)から口座開設が可能。最低100万~200万米ドルからといわれる既存のプライベートバンクに比べると、利用にあたってのハードルは低いといえそうだ。

英語・広東語に加え、日本語サービスも充実

同行は、スローガンの「Global View, Japan Quality=世界を見据え、日本水準のサービス品質を実現する」にあるように、英語、広東語に加え、日本語サービスが充実している点が大きな特徴。本格的な海外投資の場として広く知られる香港だが、現地の銀行は、英語または広東語での意思疎通を必須となっており、日本語しかできない人々にとっては敷居が高い、あるいは口座開設しても実際には活用できないという状況があった。

 

日本ウェルス銀行は、あくまでも香港の銀行となるため、債券や投資信託といった取扱い商品のラインナップも完全に香港水準。世界有数の金融都市として、まさに世界中から様々な金融商品が集まる香港だが、それらが日本語しかできない人でも利用できるとなれば、実際に口座開設を検討する人も増えてくることだろう。

 

日本ウェルス銀行が店舗を構えるのは、日本人にとっても馴染みが深いペニンシュラホテルのオフィスタワー16階。いよいよ本格稼動する香港の新銀行が、グローバル投資のハブとしての「香港」活用を加速させるのか、注目したいところだ。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京(幻冬舎)で開催/香港現地での研修会もあり

本稿執筆の長谷川建一氏が特別登壇!

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載GGO編集部による最新トピックス

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧