返済は定額、お得なキャンペーン・・・「リボ払い」の落とし穴

今回は、便利な「リボ払い」に潜む落とし穴について見ていきます。※本連載は、株式会社マイエフピーの代表取締役で、家計再生コンサルタント/ファイナンシャルプランナーとして活躍する横山光昭氏の著作、『1万人の家計を立て直してきたプロが教える「お金」の貯め方』(PHPエディターズ・グループ)の中から一部を抜粋し、お金がなかなか貯まらない理由を分析し、しっかりお金を貯める方法をご紹介します。

借りている残高に対して、利息は15%!?

自分ではそのつもりがなくても、実は借金をしているということがよくあります。クレジットカードのリボ払い、ボーナス払い、キャッシングなどのちょっとしたローン。すべて立派な「借金」です。

 

特にくせものなのがリボ払いです。「リボルビング払い」の略で、毎月一定額を返済していく支払い方法です。最近はクレジットカード会社がキャンペーンを行なうなどして、さかんに宣伝していますね。

 

たとえば、3万円の靴を買ったとして、リボ払いで毎月5000円ずつ返済することにします。さらに、翌月には10万円のスーツを買ったとします。それもリボ払いで毎月5000円ずつ返済します。支払い額は毎月一定なので、ラクといえばラクかもしれません。

 

けれども、このリボ払い、借りている残高に対して、利息が15%ほどかかることが多いのです。つまり、おおまかに言うと、100万円の買い物をしたら、年間で15万円の利息がかかるという計算です。

 

1カ月にすると利息が1万2500円です。リボ払いで月々2万円支払うという設定にした場合、7500円は元本、1万2500円が利息分です。どう思いますか?

 

見た目には、いくら買い物をしても一定の金額しか引き落とされないから、余分なものを払っている感覚がありません。だからついつい、買い物も進んでしまうでしょう。

いつまで経っても支払い額が減らないケースも

実際、このリボ払いを利用するうちに、いつの間にか支払い額がかさんで、いつまで経っても支払い額が減らず、そのうちクレジットカードの利用限度額いっぱいになってしまうという方もけっこういらっしゃいます。

 

通常1回払いだと利息はゼロ。それがリボ払いだと、残金に対して利息が15%ほどかかるので、長期にわたって返してもらえばもらうほど金融機関にとってはおいしい商売です。

 

だからこぞって、「ポイント10倍!」などのキャンペーンを行なって、リボ払いへの変更を勧めるのです。「支払いもラクラク! 毎月一定額で!」という告知ばかりが目立ち、利息などに関することはあまり大きく書かれていません。

 

でも、そういった「ラク」な方法には「ウラ」がある、ということを忘れないでください。

 

<GOLDEN RULE>

お金を使う「痛み」を忘れずに!

株式会社マイエフピー 代表取締役
家計再生コンサルタント
ファイナンシャルプランナー 

家計再生コンサルタント、株式会社マイエフピー代表。

お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、家計の問題の抜本的解決、確実な再生をめざし、個別の相談・指導に高い評価を受けている。これまでの相談件数は23,000件を突破。各種メディアへの執筆・講演も多数。

著書は60万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』(アスコム)や『年収200万円からの貯金生活宣言』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を代表作とし、著作は120冊、累計330万部となる。個人のお金の悩みを解決したいと奔走するファイナンシャルプランナー。

著者紹介

連載家計再生のプロが教える「お金」の貯め方

1万人の家計を立て直してきた プロが教える「お金」の貯め方

1万人の家計を立て直してきた プロが教える「お金」の貯め方

横山 光昭

PHPエディターズ・グループ

「なぜお金が貯まらないのだろう?」 「どうしたらお金が増えるのでしょう?」 “お金が貯まる人”“お金が貯まらない人”には、それぞれ「共通点」があるのです。お金が貯まる人は実は、意外と適当だったり、コレといった…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧