▲トップへ戻る
てっぺんハゲ VS 後退ハゲ 薄毛対策の効果が出やすいのは?

前回は、頭皮へダメージを与える典型例を紹介しました。今回は、「てっぺんハゲ」と「後退ハゲ」のうち、どちらの方が薄毛対策の効果が出やすいのかを考えていきます。

ハゲには2種類のタイプがある

ハゲには、大まかに分けると、額のほうから後退していくタイプと、頭のてっぺんがお皿のように薄くなるタイプがあります。

 

額が広くなっていくのは、たとえば、タレントの、そのまんま東さんのおでこみたいなハゲ上がり方です。彼は頭頂部の薄毛も併発していますから、もう少しで“前からハゲ”と“てっぺんハゲ”がドッキングを果たすものと思われます。

 

てっぺんから薄くなるのは、たとえば元Jリーガーのアルシンド選手みたいな減り方ですね。しっかりハゲると、イメージ的に河童、あるいは歴史の教科書に出てくるフランシスコ・ザビエル神父のようになります。

 

なおりやすい「てっぺん型」、 隠しやすい「後退型」

あえて言うと、「そのまんま型」の後退ハゲはなかなかなおりにくく、「ザビエル型」のてっぺんハゲのほうは、比較的簡単になおる傾向があります。

 

しかし、後退ハゲが不利かというと、必ずしもそうとは言えません。おでこが広くなっていく場合には、髪が復活しにくいかわりに、髪型を工夫することで、けっこううまくごまかすことができるからです。

 

たとえば、前述したアメリカの実業家トランプさん。あの人の独特の髪型は、後ろから髪の毛をもってきているんですね。そして、あそこまでやらなくても、後退型には「おでこ広いね」と言われるぐらいで、けっこう目立たない人が多いです。

 

一方、進行したてっぺんハゲは、地肌が見えちゃいますから、ごまかしようがない。その点では、後退型より不利だと言えます。ただし、なおりやすさで言えば、後退型よりも有利なのです。

 

どちらのタイプが好きか嫌いかは、人それぞれだと思いますが、苦労のしがいで評価すれば両者は一長一短、勝負は五分五分だと言えます。

株式会社エスロッソ 代表取締役社長 株式会社新日本情報システム 代表取締役社長

1971年7月生まれ。静岡県出身。大学中退後、サラリーマンとして働くなかで薄毛に悩み、独学で研究を重ねた結果、劇的な育毛に成功する。その後、2006年に独立。自身の体験をもとにした育毛事業を立ち上げ、圧倒的な効果を発揮する商品・サービスを次々と展開。「自分の経験を役立てて、同じ悩みを抱えた人たちを救いたい」という強い想いのもと、年間30000名以上の薄毛に悩む人々を救っている。

著者紹介

連載頭髪の危機を救う! 実践的「薄毛対策」講座

本連載は、2016年9月12日刊行の書籍『ハゲからの生還 なぜ、私はたった1年で「超フサフサ」になったのか?』(幻冬舎メディアコンサルティング)の本文から一部を抜粋したものです。

 

 

ハゲからの生還

ハゲからの生還

杉山 哲矢

幻冬舎メディアコンサルティング

「ハゲ」・・・それは男性にとって、非常にデリケートかつ切実な悩みでしょう。  本書では、かつてハゲに苦しめられ、様々な努力の末に「超フサフサ」を取り戻した著者が、自ら体を張って検証した「本当に効果のある薄毛治療…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧