拡大する市場…富裕層がアンティークコインを買い求める理由

前回は、アンティークコインが価値を生むという考え方を紹介しました。今回は、アンティークコインを富裕層が買い求める理由について見ていきます。

5年で規模が倍になったアンティークコイン市場

日本では「ようやく認知されてきたかな?」というアンティークコイン。10年程度前は約50億円規模だった市場は、いまや100億〜200億円と計算できます。この数字はオークションのデータをもとにした、私の概算です。経産省や財務省などの官庁が発表しているわけではないので、ともなれば、個人間やアンティークコインショップを介しての売買はさらに大きく、市場はもっと大規模になっている可能性は十分にあります。

 

 

この5年ほどで倍になったとも言われるアンティークコイン市場ですが、その理由はなんといっても「富裕層」が買い求めていることが大きいです。彼らが注目しているのには理由があります。

所有時に税金はかからず、手軽に持ち運べる

先日お話をさせていただいた会社経営者の方は「行き着く先が自然にここになったよ」とおっしゃっていました。その方はコインの素材が金や銀であること、また、もともと「お金」であることで安心できると言っています。

 

さらに昔のものであって、少なくなることはあっても増えることはない、不動産のように持っていることで税金はかからず、天災などの緊急時であっても手軽に持ち運べ、こっそり自宅に隠し持つこともできる・・・そういったことを挙げていらっしゃいました。このような意見は、この方に限った話ではなく、ほかの富裕層の方々も同じような見解を持っています。

 

 

またみなさん、数々の投資を経験していらっしゃいます。金の現物保有、不動産活用、株、FX、クラシックカー、ヴィンテージワインなどなど。それらを経験した方々が「アンティークコインは究極の投資だ」とおっしゃっています。実際、当社のセミナーにおいで頂いた方で実際にコインをお求めになるのは全体の20%という状況です。不動産セミナーの場合、一説には1%という話も聞きますから、かなりの数字ではないでしょうか。人々を惹きつける何かが、アンティークコインにはあるようです。

株式会社ユニバーサルコインズ 代表取締役

1978年生まれ。芝浦工業大学建築学部卒業後、2001年、異色のビジネスモデルで話題のスポーツ用品会社、ゼビオ株式会社に就職。入社2年目で約100億円の予算を預かるシューズバイヤーに抜擢され、約10年間、マーケティングの最前線で活躍。その後海外統括部門にて、グローバルビジネスを実地で学ぶ。その後、1枚のフランス金貨との出会いがきっかけとなり、アンティークコインに魅せられ、2014年に株式会社ユニバーサルコインズを起業。アンティークコインの購入から売却に至るまで、顧客の資産形成を全面的にサポートしている。自身の人生を変えたアンティークコインの深遠な魅力を伝えるべく奮闘中。

著者紹介

連載加熱するアンティークコイン市場の最新事情

本連載は、2016年11月20日刊行の書籍『海外富裕層がやっている“究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

海外富裕層がやっている “究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

海外富裕層がやっている “究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

西村 直樹

幻冬舎メディアコンサルティング

ギリシャ危機、イギリスのEU離脱・・・グローバル化した経済の中では、世界のどこかで何かが起これば金融相場の激しい変化に直結します。株も投資信託も不動産も、安心して保有できる資産ではなくなっています。 しかし、資産…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧