欧米では常識!? アンティークコインは価値を生むという考え方

前回は、世界の市場規模が1兆円強となっているアンティークコイン取引の現状について取り上げました。今回は、欧米では常識となっている、アンティークコインは価値を生むという考え方を見ていきます。

アメリカでは「コインは文化」として捉えられている

現状では市場規模が最も大きなアメリカであっても6000億円程度。日本よりは遙かに大きな数字ですが、これには理由があります。

 

 

アメリカの場合、コインは文化として捉えられています。アメリカを訪れると、街に1軒はコインショップがあります。コンビニの数より多いと言われるほど、コイン商が数多くあるのです。アメリカを訪れたことのある方でしたら、街を歩いていて目にされたことも多いのではないでしょうか? 日本では全く想像できない状況ですが、それだけアメリカ国民の間にアンティークコイン文化が根付いている証といえます。

 

アメリカの家庭ではお父さんが持っているアンティークコインを自分の子供に渡し、「この5ドルのコインが10年後にショップに行っていくらになるか調べてごらん」と伝える場面が多くあります。実際に子供が換金に行くと、5ドルのアンティークコインが100ドルや200ドルという価値になっているわけです。

 

なぜこれをやるのかというと、アンティーク品が価値を生むということを実際に体験させるためです。国の歴史が浅いため、アンティークというものがアメリカ人の心に響くのです。数百年から1000年の歴史を持つアンティークコインが広く認知されており、家庭のなかにまで根付いているのもうなずけます。

大英博物館の向かいに並ぶコインショップ

ヨーロッパはもっと身近で、イギリスにある大英博物館の向かいには3軒のアンティークコインショップが軒を連ねています。自国や、地続きの他国の文化を知るためにも必要なことだと言えます。

 

 

アンティークコインの歴史を学ぶ「貨幣学」はアメリカ、ヨーロッパでは当たり前の学問です。この学問にはアンティークが価値を生むということも学びます。しかし日本では貨幣学という学問はありません。昔から、収集を目的としたコレクターはいらっしゃいましたが、それはあくまで収集を目的としたもの。投資や資産保全といった目的も含め、日本で集める方が増えてきたのはここ数年〜10年程度ではないでしょうか。

株式会社ユニバーサルコインズ 代表取締役

1978年生まれ。芝浦工業大学建築学部卒業後、2001年、異色のビジネスモデルで話題のスポーツ用品会社、ゼビオ株式会社に就職。入社2年目で約100億円の予算を預かるシューズバイヤーに抜擢され、約10年間、マーケティングの最前線で活躍。その後海外統括部門にて、グローバルビジネスを実地で学ぶ。その後、1枚のフランス金貨との出会いがきっかけとなり、アンティークコインに魅せられ、2014年に株式会社ユニバーサルコインズを起業。アンティークコインの購入から売却に至るまで、顧客の資産形成を全面的にサポートしている。自身の人生を変えたアンティークコインの深遠な魅力を伝えるべく奮闘中。

著者紹介

連載加熱するアンティークコイン市場の最新事情

本連載は、2016年11月20日刊行の書籍『海外富裕層がやっている“究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

海外富裕層がやっている “究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

海外富裕層がやっている “究極”の資産防衛 アンティークコイン投資入門

西村 直樹

幻冬舎メディアコンサルティング

ギリシャ危機、イギリスのEU離脱・・・グローバル化した経済の中では、世界のどこかで何かが起これば金融相場の激しい変化に直結します。株も投資信託も不動産も、安心して保有できる資産ではなくなっています。 しかし、資産…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ