▲トップへ戻る
個人事業主にはどんな「リスク」が存在するのか?

今回は、個人事業主が抱える「リスク」と、その対策を見ていきます。 ※本連載は、オフィスと社員を持たない独自のビジネススタイルを提唱している高野勇樹氏の著書『お金と時間にしばられなくなる4つの仕組み』(合同フォレスト)の中から抜粋し、「独立して稼ぐ」方法を紹介します。

常に「最悪の事態」を想定

複数の収入源をもつことはつまり、失敗のリスクを減らすということ。気持ちが楽なまま、新しいことに挑戦していけます。さらに紐づけして、リスクを減らすための保険がいかに大事かをここでは詳しく掘り下げておきます。

 

新しいことに挑戦する気概と能力があっても、気軽に構えすぎて思わぬ落とし穴にはまってしまう人がいます。それはビジネスの内容や性質がどうこうよりも、人間関係やお金の取引などについて、あまり深く考えないまま実行することで招かれる悲劇といえるでしょう。

 

私も、どちらかといえば、「なんとかなるだろう」という気構えの楽天家だと思いますが、内面では常に最悪の場合を想定するようにしています。

 

新しい事業が失敗したら?

パートナーに託した資金をもち逃げされたら?

扱う商品が届かなかったら?

取得したアカウントや口座が突然ロックされたら?

頼りにしているパソコンがクラッシュしたら?

 

あなたが関わっている物事について、常に超最悪の事態はイメージしておいたほうがよいでしょう。明確な対処法がすぐには見つからなくても、いざそうなったときアタフタしなくて済みます。少なくとも、複数の収入源をもっていれば、金銭へのダメージは最小限で済むはずです。

 

精神的に参ってしまう時間を少なくできれば、マイナスからフラット、フラットからプラスへもっていくまでの手間も少なくすることができます。精神的ダメージを減らす手だてとして、まずは超最悪イメージを抱いておいてください。

 

具体的な対策としては、契約書を交わしておく、相応の保険に入っておくといった、公的な効果のあるものを用意するのが常套手段。

 

これは、扱う事業の規模が大きくなればなるほど重要となっていきます。企業レベルでやっていれば、当然のように通過する儀式のようなものですが、個人事業だと見過ごされがち。ここをきっちり処理しておけば、「まさかこんなことが起きるとは」といった事態にも安心して対応できます。

 

ビジネスは想定外のことが起きて当たり前ですし、失敗することも日常茶飯事です。それらマイナスな出来事をいかにしてカバーし、どうリスクヘッジをとるかが、ビジネス手腕の問われるところだといえます。

保険を効かせてステップアップすることは可能

これから独立して個人でやっていこうと考えている人も、いきなり勤めている会社を辞めるような暴挙には出ないでおきましょう。プレイヤーとオーナーを両立していくことは可能なのですから。

 

脱サラして流行りの商売に手を出してみたものの、一時的に稼げただけで、ブームが去ると同時に倒産、残ったのは借金だけ。そんな超最悪イメージを実際に体験してしまっている人のなんと多いことか。複数の収入をもつマインドと、リスクに対する保険のことを踏まえていれば、こんな大失態は絶対に冒しません。

 

ちなみに私は、いきなり会社を辞めてしまった無謀なタイプです。

 

人を信じやすく、自分で言うのも恥ずかしいですがピュアすぎた当時の私は、「100万円出せば稼がせてあげるよ」というコンサルタントの口車に乗せられ、勢い任せで辞表を出しネット事業に参入しました。

 

資金が足りなかったので、親を1カ月以上説得して一部出してもらったくらい、当時の私は切羽詰まっていましたし、最悪の事態を想定しない超楽天家、いい言葉で表現すればアグレッシブ人間でした。

 

さっそくコンサルタントに言われたことを純粋に実践していきました。が、自分が悪いのか、教え方が悪いのか、はたまた稼ぎ方自体が間違っているのか、まったく稼げません。収入のめどが立たないので、派遣の仕事をして食いつないでいました。

 

いまなら「これはこれでいい経験だったのかな」と振り返ることができますが、当時は地獄で生きている心地でした。もっとしっかりリスクのことを踏まえておけば、あんな苦しみを味わうことはなかったでしょう。

 

もっと確実に、保険を効かせてステップアップすることは可能です。あなたは絶対に、いきなり辞めるなんて暴挙はしないでください。

Tonino Lamborghini Wine Japan
Tonino Lamborghini Clothing Japan 代表取締役副社長

仙台東高校英語科卒業後、國學院大学外国語文化学科へ入学。
英語とフランス語を専攻しながら、渋谷原宿のインポートブランド・VINTAGE 古着を取り扱うセレクトショップにて店長を勤める。その後、通信系・不動産の営業職を経験し22歳で起業。コミュニケーション術に関する情報商材の販売からスタートし、2012年にWeb制作会社を設立。オフィスと社員を持たない独自のビジネススタイルで、複数の事業を展開しながらも、国内海外を自由に飛び回るライフスタイルを実現。ビジネスは出来るだけスマホで持ち運びが出来るくらいコンパクトにして、フットワークを軽くするというビジネスのモバイル化思考を提唱。

リゾート会員券の販売事業・マーケティングコンサルティング事業・パーソナルスタイリング事業・アンティークコイン投資家として幅広く事業を手掛けながら、役員で入っている株式会社IDEA CREATIVEでは、Googleがスポンサーについているシリコンバレー発祥の起業家コミュニティーStartup GRAIND TOKYOの運営、イタリアに本社を構えるTonino Lamborghini Group の洋服や鞄、香水、サングラスなどの服飾品部門における日本で初の総合代理店として設立されたTonino Lamborghini Clothing Japanの代表取締役副社長を勤めている。又、2016年3月、Tonino Lamborghini Wine JapanとしてTonino Lamborghini Groupがプロデュースしているワインの日本総合代理店としても事業を開始する。

そして現在、新規事業として、資産を「増やす」「保全する」「継承する」をテーマに、日本一の宝石鑑定士と日本有形資産保全協会を立ち上げ、主に欧州のアンティークコイン(レアコイン)を始めとした有形資産で資産を保全していく啓蒙活動を開始する。

著者紹介

連載お金と時間にしばられないための独立開業術

本連載は、2016年6月10日刊行の書籍『30代までに知っておきたい お金と時間にしばられなくなる4つの仕組み』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

 

30代までに知っておきたい お金と時間にしばられなくなる 4つの仕組み

30代までに知っておきたい お金と時間にしばられなくなる 4つの仕組み

高野 勇樹

合同フォレスト

スマホに事業を詰め込み、世界を歩く。年商1億円を稼ぐ4つの仕組み教えます! 1つの働きには限界がある。労働収入だけでなく、権利収入を得て、収入の途絶えることがない人生を歩もう。自分に合った事業とその成功方法を知るた…

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧