なぜ「競売物件」では不動産を時価よりも安く購入できるのか?

割安な価格で不動産が入手できるとされる競売物件。しかし、具体的な購入手続きをはじめ、一般の人には分からないことばかりです。本連載では、マンション管理士である日下部理絵氏の共編著『競売不動産を買うときの基礎知識』(ぱる出版)の中から一部を抜粋し、初心者が安全に安く買うための、競売物件のしくみから入札までの基礎知識を解説します。

通常価格の70~80%程度で購入できる「競売物件」

もし、賃貸アパートや団地住まいのあなたが、一念発起してマンション、あるいは一戸建住宅を買おうと考えたとき、実際にはどんな方法で手に入れようとしますか。通常なら、新聞広告や折込広告を注意して見たり、不動産屋で物件リストを調べたり、もっと積極的ならモデルルームやオープンルームを見学に行ったりすることでしょう。

 

そして、あなたの条件にあった物件があれば、ローンを組むなりして購入することになるでしょう。売出し物件が中古であるなら、売主は一般の不動産会社、新築であるなら、売主は公団・公社といった公的機関などになることもあります。

 

いずれが売主であっても、その売買は、多少の値引きはあったとしても、必ず時価(市場価格)で取引きされます。問屋が物を卸すときのように「卸値」になるということはありませんし、また、大根やお刺身のように、大売り出しのセール価格ということもありません。しかし、どんな商品でもそうですが、物を買うときの価格はできるだけ安いにこしたことはありません。ましてや、マイホームのように高額な買い物であれば、なおさらでしょう。

 

また、不動産業者にとっては、中古ビルなどの物件を安価で仕入れ、リフォームやリノベーションをかけ、ITビルに再生し転売するなどの収益物件を入手することができれば、より効率的な営業を行なうことができます。

 

では不動産を、時価より安い価格で手に入れることは不可能なのでしょうか。

 

答えは「NO」です。安く買うことが可能です。

 

その方法というのは、ただひとつ、競売で買うことです。この競売によって売り出される物件の価格は、平均して通常の時価の70~80%程度であり、まさに卸売価格といえるセール商品なのです。

セリやオークションと同じ感覚でマイホームを買う!?

例えば、一般の売り出し価格が3000万円のマンションであれば、2500万円程度で手に入れることができるのが競売です。そんなうまい話があるのかという声が聞こえてきそうですが、競売はあやしい裏取引ではありません。裁判所が執り行なう、法的に認められている方法なのです。

 

最近ではこの競売も少しずつ知られるようになりましたが、まだ一般的とまではいえません。では、いったい競売とはどんな方法なのでしょうか。ごくごく簡単にいうと、「魚や野菜などが、市場でセリにかけられて売られるように、競売も、裁判所がマンションや一戸建住宅の売主となって、競り売りで行なわれる売買」ということなのです。つまり、マイホームをセリやオークションと同じような感覚で買う、ということです。

 

競売物件はなぜこのように安いのか、その理由はいくつかありますが、まずは本連載を読み進めてみてください。その答えが必ずわかります。

 

とにかく競売というのは、売主が裁判所、つまり国であるということへの信用性や、取引の公正性、そしてなにより、価格的にみて非常に魅力のある、不動産の購入方法であるといえます。

 

競売で、実際に個人のマイホームを購入した人はたくさんいます。私もサポートする立場から、いくつも好例を見てきています。また宅建業者の中には、競売により取得したビジネス用のビルやワンルームマンションなどを取得し、転売して″利ざや″を稼ぐことを主たる業務としている会社もあります。

 

不動産をできるだけ安く購入したいと考えているのなら、チャレンジしてみる価値は十分にあるでしょう。

あなたにオススメのセミナー

    マンショントレンド評論家/住宅ジャーナリスト/オフィス・日下部
     オフィス・日下部 代表

    第1回マンション管理士・管理業務主任者試験に合格。

    管理会社勤務を経て、「オフィス・ 日下部」を設立。管理組合の相談や顧問業務、数多くの調査から既存マンションの実態に精通する。また穴場の街ランキングや新築マンション情報などのマンショントレンドでも見識が深い。さらにマンション管理員を中心とした10,000人以上のシニアを再就職へ導くなど、高齢者の住まいと働き方にも豊富な知識を持つ。
    ヤフーニュースへの住宅記事掲載は300回以上。テレビ・ラジオなどのメディア、講演会・セミナーでも活躍中。最近ではテレビ朝日系列、松本潤主演ドラマ「となりのチカラ」のマンション分野の監修を務める。
    著書に『マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい!』(ダイヤモンド社)、『60歳からのマンション学』(講談社+α新書)、『「負動産」マンションを「富動産」に変えるプロ技』(小学館)、『すみません、2DKってなんですか?』(サンマーク出版)ほか多数。

    著者紹介

    連載「競売不動産」購入の基礎知識

    本連載は、2010年5月6日刊行の書籍『競売不動産を買うときの基礎知識』から抜粋、一部加筆したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    競売不動産を買うときの基礎知識

    競売不動産を買うときの基礎知識

    日下部 理絵

    ぱる出版

    家をオークションで安く買うためのバイブルとして、すでに十余年も支持されてきましたが、現在では不動産投資に欠かせない仕入れ方法として、必須のテキストになっています。大家さんになりたい人、すでに始めている人、不動産…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ