事業の「コストリダクション」と「コストコントロール」の違い

今回は、事業の「コストリダクション」と「コストコントロール」の違いについて説明します。※本連載では、公認会計士・矢島雅己氏の著書『決算書はここだけ読もう[2017年版]』(弘文堂)の中から一部を抜粋し、決算書をもとに、会社の「収益性」を上げるための具体的な方法を見ていきます。

コストリダクションのほうが効果は高いとされる

コストダウンは、実は、「コストリダクション」と「コストコントロール」の2つに分けて考えたほうがいいものです。

 

コストリダクションとは、企画設計段階からのコスト削減の取組みです。製品のスペック(仕様)、原材料、製造工程など、設計段階からすべてを見直して徹底したコストの削減を図ります。

 

多くの会社では「原価企画」という制度でこれを推進しています。このやり方は、まず開発しようとする商品の売価の目標ラインを、顧客市場分析に基づいて設定します。そこから目標利益を差し引いて「許容できる原価」を設定します。

 

その許容原価は、そのメーカーの実力からかなり達成が厳しい水準である場合が多いのですが、新技術の開発や大規模な設備投資を含めて、許容原価の達成に向けて全社をあげて取組みます。

 

部品点数を3割削減することで原価が5割落とせたとか、生産ライン方式での製造から1人ですべての組み立てを行う方式に変更したことによりムダな在庫が減らせ、結果として原価が2割改善した、などがこのコストリダクションです。企画設計段階から徹底的に見直し、原価低減を図ることを通じ競争力を獲得しようとする活動です。

 

一方、コストコントロールは、製造現場において行う原価管理です。設計や製造方法が決まった後、製造活動を通じて行われる原価低減活動です。

 

つまり、通常の生産活動の中で行うコストダウンです。

 

上記の原価企画に基づいて許容原価の達成の見通しがついた場合、各年度の「標準原価」を設定します。標準原価は、製造現場における達成目標となる原価で、品質を維持し、設備、要員を効率よく管理し、ムダをできるだけなくしていく活動を通じて、コストダウンを図っていきます。

 

コストリダクションとコストコントロールのコストダウンへの効果を比べると、前者が8割、後者が2割といわれています

 

「金利変動のリスク」をどのように軽減していくのか?

銀行などから借入れをすると、利息を支払わなければなりません。

 

可能であれば返済の必要のない資金で会社経営をしたいのですが、成長するにつれ、それに見合った投資をしなければならなくなります。

 

これまで通りの活動をしている限り資金に不足はないのですが、いざ、規模を一段拡大させるときに資金不足を感じるのが成長企業でしょう。

 

こんなとき株主が追加出資してくれればいいですが、それが不可能なとき、資金が不足しているので拡大のチャンスを逃すのか、銀行などから借金をしてでも資金を調達し、拡大のための投資をするか、経営者は決断を求められます。

 

しかし、過度な借入れはその後の返済がきつくなります。借入れをどのくらいするか、つまり金利負担をどの程度にするかはとても難しい問題です。金利は上がったり下がったりします。金利は自分の力では変動を操ることはできません。

 

このため、金利変動のリスクをどのように軽減していくかは財務担当者の腕の見せどころです。

 

<KEYWORD>

コストリダクション=企画設計段階からのコスト削減の取組み。

コストコントロール=製造段階での発生原価の統制。

標準原価=標準原価とは理想的な状態で製品1単位を製造するときにどれくらいの原価が発生するかをあらかじめ算出しておくもの。製品ごとに直接材料費、直接労務費、製造間接費の標準値を設けておく。

金利変動のリスク=金利が変動することに伴う危険度。

 

【図表】コストダウン

<ここでのポイント>

コストリダクションとコストコントロールの違いを理解しよう

公認会計士

大学在学中に公認会計士二次試験合格。外資系大手会計事務所に入所し、会計監査4年、経営・ITコンサルタント6年(取締役)。IT系サービス会社に経理部長として転籍し東証上場の陣頭指揮を執る。株式公開後、新規事業企画推進本部長(取締役)としてインターネット事業、IT教育事業を推進。5年勤務の後「公認会計士による公認会計士の転職紹介」をはじめ、経理職の転職紹介・派遣・教育を柱とする事業会社を設立。15年経営し、事業譲渡。これまで、中小企業大学校講師、大学非常勤講師、商工会議所相談員、学校法人理事、社団法人監事なども歴任。主な著書に『決算の謎』(廣済堂出版)、『最新最強の履歴書・職務経歴書』(監修・成美堂出版)などがある。

著者紹介

連載会社の収益性を上げるための「決算書」の読み方

 

 

決算書はここだけ読もう [2017年版]

決算書はここだけ読もう [2017年版]

矢島 雅己

弘文堂

わかりやすいだけでなく「ビジネスに使える」「投資に役立つ」と高い評価を得ている定番書籍、待望の新年度版。貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)、キャッシュフロー計算書(CS)の読むべき項目、読み方、見方、考え方を徹底的にや…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧