いま「コミュニティ」の重要性が見直されている理由

前回は、ナイチンゲールも説いた「換気」の重要性について説明しました。今回は、いま「コミュニティ」の重要性が見直されている理由について見ていきます。

ハード、ソフト両面のメリットがあるマンションだが…

ここまで、効率化を優先するがゆえに新建材を用いてきた結果、室内環境が快適さを失ってきた過程や、徹底した舗装に代表される手間の軽減・効率化、都市化によって気候すら変え、その結果快適さを失ってきた背景を見てきました。

 

実は人々のコミュニティも同じ構図ではないかと思っています。確かにマンションは、鍵1つで安全安心が得られるというハード面、他人のみならず嫁姑など親戚であっても煩わしい人間関係から逃れられるというソフト面のメリットを得られます。

コミュニティ志向はドライな方向性からの揺り戻し!?

その一方でイエ制度から核家族化してきた流れは、都市化や効率化と同じように、非常にドライな方向に進んできました。

 

昨今、SNS等の共通の関心や目的などで集まったアソシエーション的なつながりだけでなく、シェアハウスやグループリビングなど、地域地縁をも共有するコミュニティへの志向が高まっています。

 

これはそうしたドライな方向性からの揺り戻しとも考えられるのではないでしょうか。核家族からDINKS、単身世帯へと1世帯当たりの人数が減った結果、家が他者との関係性の上に成り立つ居場所でなくなってしまい、同じ喜びを分かち合う居場所を探し始めているように感じます。

 

人々は毎日顔を合せる温かい関係を求め始めていると思います。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社リブラン 代表取締役

1967年、東京生まれ。株式会社大京にて分譲マンション事業用地の仕入を担当。その後、1992年、株式会社リブランへ入社し、2002年、同社代表取締役に就任する。マーケットシェアを奪い合う分譲マンション業界で、同業他社とは同じ土俵で勝負しない経営スタイルを堅持。24時間、音楽漬けを可能とするマンション「ミュージション」の分譲、賃貸事業を行い、新たなマーケットの創造を行う。

著者紹介

連載自然素材を使った快適な住まいの作り方

本連載は、2014年3月20日刊行の書籍『なぜ新築マンションには自然素材が使われないのか』から抜粋したものです。その後の法制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

なぜ新築マンションには自然素材が使われないのか

なぜ新築マンションには自然素材が使われないのか

鈴木 雄二

幻冬舎メディアコンサルティング

注文住宅や、中古住宅のフルリフォームでは、当たり前に使われる、無垢フローリングや、珪藻土塗りの壁などの自然素材。 しかし、新築マンションだけが調湿効果の少ない合板フローリングやビニールクロスなどの新建材で作ら…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧