東証プライム市場に上場している個別株式について、2024年7月10日(水)の騰落率ランキングをお伝えします。

〈東証プライム市場〉個別銘柄の値上がりトップ3

1位:FPパートナー〈7388〉……前日比+369円(+13.79%)

【売買材料】

7月9日(火)取引時間終了後、6月の生命保険新規契約が過去最高を記録したと発表。これが材料視された。4月から放映を開始した新CMも認知所向上の後押しとなっている模様。また、同社は一部メディアの報道をきっかけに断続して株価が下落していたことから、足元の株価水準においては見直し買いも入りやすかったとみられる。

 

2位:日東精工〈5957〉……前日比+83円(+13.39%)

【売買材料】

当日は特段個別材料見当たらず。

 

3位:サムコ〈6387〉……前日比+525円(+12.03%)

【売買材料】

当日は特段個別材料見当たらず。

〈東証プライム市場〉個別銘柄の値下がりワースト3

1位:M&A総研ホールディングス〈9552〉……前日比-565円(-13.05%)

【売買材料】

特段個別材料見当たらず。同業他社の一部報道を受けた思惑売りか。

 

2位:クリーク・アンド・リバー社〈4763〉……前日比-223円(-12.45%)

【売買材料】

決算銘柄。7月9日(火)取引時間終了後、24年3~5月期連結決算を発表。増収減益となったことが嫌気された模様。なお、取得上限35万株(自己株式を除く発行済み株数の1.6%)または5億円の「自社株買い」を発表した。

 

3位:プロレド・パートナーズ〈7034〉……前日比-45円(-7.28%)

【売買材料】

特段個別材料見当たらず。

 

 

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■月22万円もらえるはずが…65歳・元会社員夫婦「年金ルール」知らず、想定外の年金減額「何かの間違いでは?」

 

■「もはや無法地帯」2億円・港区の超高級タワマンで起きている異変…世帯年収2000万円の男性が〈豊洲タワマンからの転居〉を大後悔するワケ

 

■「NISAで1,300万円消えた…。」銀行員のアドバイスで、退職金運用を始めた“年金25万円の60代夫婦”…年金に上乗せでゆとりの老後のはずが、一転、破産危機【FPが解説】

 

※本メディアおよび本メディアの記事は、投資の促進や、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、ご自身の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、株式会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録