画像:PIXTA

旅するように働き、稼ぐ。リゾート地での仕事を通じて、そんな生活を満喫する人たちがいる。サラリーマンを卒業して精神的に豊かな暮らしを取り戻した人、勤務したリゾート地が気に入って移住してしまった人。リゾート地での仕事を転々としながら日本一周を目指すインフルエンサー。旅するように働く人たちの形は様々だ。この連載では、リゾートバイトを通じて精神的にも金銭面でも豊かな生活を目指す人たちを紹介していく。最終回では、リゾートバイトを通じて自分の適性を見出し、家業のビジネスホテル業を継ぐ決意を固めた23歳の男性を紹介する。

老舗ホテルの御曹司「家業は微妙」…いったんメーカーに就職

石坂尚勢さん(23)の両親は、栃木県で創業100年以上のビジネスホテルを経営しています。いわば老舗ホテルの御曹司ですが、学生時代はまったく宿泊業に興味をもてず、進学したのは工業高校。車が好きで、卒業後は自動車の部品メーカーに就職しました。


両親は家業と無関係な企業に就職した石坂さんに「好きなことをやってくれればいい。無理してホテルを継ぐ必要はないよ」と言ってくれました。しかし、石坂さんの胸中は複雑でした。寛大な両親に感謝しながらも「両親が年を取って働けなくなったときに、僕が跡を継がなかったら、このホテルはどうなるのだろう」と人知れず悩んでいたのです。


メーカーで働き始めた石坂さんでしたが、工場では部品を流れ作業で生産する仕事が中心。「好きな車をつくっている、という実感をまったく持てなかった」と言います。次第に「僕はいったいなにをやっているんだろう」と悩むようになりました。


工場の仕事に疑問を持ちながら、休日に実家に帰ったときのこと。実家のビジネスホテルの仕事でフロント業務をやらせてもらった際に、宿泊客との会話が意外に楽しいことに気づきました。石坂さんは「工場の仕事と違い、ホテルは人とコミュニケーションを取り、相手のニーズに合わせてサービスをする。お客様に貢献している実感がわいた」と言います。こうして石坂さんは「自分は宿泊業のほうが向いているのかもしれない」と方向転換を考え始めました。

 

家業の手伝いとは緊張感が違う…

とはいえ、自分が宿泊業に向いているという確信までは持てませんでした。思いついたのが沖縄県でのリゾートバイト。気軽にできるうえ、ホテル業の修行にもなるリゾートバイトで「自分の気持ちを試してみよう」と思ったのです。毎年家族で沖縄を旅行していて馴染みがあったことも決意を後押ししました。3年間働いた部品メーカーを退職した石坂さんは、リゾートバイトの仕事を紹介してもらうことにしました。


2023年1月から働いた沖縄・恩納村のリゾートホテルでは、フロントの仕事をしました。石坂さんは家業のビジネスホテルでもフロントをやったことがありました。しかし、「仕事として接客や受付を仕事としてやるのは初めてだった。実家のホテルを手伝うのとは緊張感が大きく違った」と話します。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】7月20日(土)開催
海外不動産の投資手法をアップデート!
日本国内の銀行融資を活用した
最新・ベトナム不動産投資戦略

 

【税金】7月23日(火)開催
「富裕層を熟知した税理士」が教える
2024年最新【所得税×インフレ】対策
~今後の手残りが3割変わる!?「所得税対策」~

 

 

次ページ仕事と家業の手伝いの緊張感の違いを経験

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録