画像:PIXTA

旅するように働き、稼ぐ。リゾート地での仕事を通じて、そんな生活を満喫する人たちがいる。サラリーマンを卒業して精神的に豊かな暮らしを取り戻した人、勤務したリゾート地が気に入って移住してしまった人。リゾート地での仕事を転々としながら日本一周を目指すインフルエンサー。旅するように働く人たちの形はさまざまだ。この連載では、リゾートバイトを通じて精神的にも金銭面でも豊かな生活を目指す人たちを紹介していく。

ピースボートの船上からリゾートバイトへ

福井県出身の山口順子さん(仮名、64)がリゾートバイトを始めたのは2019年のことです。それまでは喫茶店の経営を経て、世界一周する「ピースボート」の船の売店などで9年間働いていました。

 

※国際交流を目的とした船旅のコーディネートを主な活動とする非政府組織(NGO)

 

いったん船を降り、日本に帰国することにしましたが、すでに自宅は引き払っていました。「リゾートバイトで働けば、住む場所と収入が確保できる」と思い、人材紹介サービスに登録したといいます。

 

山口さんがリゾートバイトを意識したのは、家の確保という実利面だけではありませんでした。15歳のころから、日本一周の旅をしていたお兄さんに憧れて「自分も日本各地で働いてみたい」と思っていたからです。

 

旅行で観光地を巡るだけでなく、地元で働いて、「旅行以上、移住未満の生活を体験したい」「働いて、その土地をより深く知りたい」という潜在意識がありました。

「温泉に入れるところ」を中心に働く場所を選ぶ

もう1つのリゾートバイトの目的は、趣味の「温泉巡り」です。「温泉に入れるところを中心に働く場所を選んだ」という山口さん。これまで秋田、福島、北海道、群馬など11ヵ所のリゾートバイトを経験しましたが、ほとんどの場所に温泉がありました。

 

活動している火山の数が多いうえ、複数のプレート上に位置しているために多くの温泉が湧き出る日本。各地で働くリゾートバイトの特性をいかし、山口さんは、まるで大好きな温泉を巡るように働いてきたのです。

 

最も印象深かったのは、群馬県の四万温泉です。緑豊かな上信越高原国立公園のなかにある温泉地で、周辺には透き通った薄いグリーンの清流やたくさんの滝、奥四万湖などがあります。セキレイやホウジロ、キジなどのさまざまな野鳥も見ることができます。冬には氷柱(つらら)が下がり、霧氷も飛んでいました。

 

山口さんは紹介されたホテルで働いていましたが、「社員専用の温泉があって、いつでも無料で入れた」と言います。休日に周辺を観光するのも楽しみでした。

 

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

次ページ仲良くなった同僚たちとグループLINEでつながる

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録