画像:PIXTA

旅するように働き、稼ぐ。リゾート地での仕事を通じて、そんな生活を満喫する人たちがいる。サラリーマンを卒業して精神的に豊かな暮らしを取り戻した人、勤務したリゾート地が気に入って移住してしまった人。リゾート地での仕事を転々としながら日本一周を目指すインフルエンサー。旅するように働く人たちの形はさまざまだ。この連載では、リゾート地での仕事を通じて精神的にも金銭面でも豊かな生活を目指す人たちを紹介する。

プロの音楽家としては生きられない…音大卒の将来への迷い

「ワーキングホリデーに行くために『経験』と『資金』が欲しかった。それがリゾートバイトで一挙に実現できた」。曽我汐里さん(31)は2023年に約1年間、リゾートバイトに挑戦した理由をこう話します。

 

曽我さんは福島県の出身。高校を卒業して上京し、国立音楽大学を卒業しました。名門音大卒とはいえ、「プロの音楽家として生きていくのは容易ではない」と感じていた曽我さん。卒業後は中学や高校の音楽の先生になろうと考えていました。

 

しかし、教員免許を取得したあと、「本当に教育現場で何十年も務められるのかどうか」と迷いが出てきました。教員の母親を見てきて「安定してはいるが、良くも悪くも大変な仕事だ」と感じていたからです。

 

そんなとき、オーストラリアに初めて1人で旅行に行ったことを思い出しました。海外では、話す言葉も違い、見える景色も違います。「海外で非日常の世界を経験することで、自分の世界が広がったように感じた」と言います。

 

「短期間の海外旅行ではなく、一定期間、海外で暮らしてみたい」と思い、ワーキングホリデーを目指すようになったそうです。

リゾートバイトは月10万円以上貯蓄ができる

とはいえ、曽我さんには「ワーキングホリデーは言葉も違う新しい環境で、たった1人で暮らす。そんなことが自分にできるのか」という不安がありました。これまで実家で両親と一緒に暮らしてきたこともあり、新しい土地に物怖じして立ち止まったのです。

 

そこで考えたのが、行ったことのない国内の土地で働けるリゾートバイトを経験し、事前に練習することでした。特にワーキングホリデーでの海外生活に馴染めるように、神奈川県・箱根町など外国人観光客の多い場所で働くことを希望していました。

 

もう1つはワーキングホリデー向けの資金を増やすことでした。曽我さんは経験者から「リゾートバイトは予想以上にお金を貯められる」と聞いていました。

 

実際、曽我さんが最初に働いた箱根の高級旅館は、住居費は無料、賄いが出るため食費もほとんどかかりませんでした。

 

月収は25万円前後でしたが、「大きな旅行をしなかったこともあって、1ヵ月あたり10万円以上も貯蓄することができた」と話します。結果として年間で100万円ものお金を貯めることができたのです。

 

リゾートバイトについては将来的な年金受給を心配する人もいますが、雇用契約の期間や労働時間など一定の要件を満たせば、社会保険や雇用保険に加入できます。こうした制度が整備されていることも、一定の安心感がありました。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページシンガポールから来たお客さんに手紙を貰い…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧