(※写真はイメージです/PIXTA)

超少子高齢社会となって久しい日本で、深刻化する「親の介護」問題。『高齢社会白書』(令和5年版)や事例とともに解説していきます。

認知症の義母に続き義父も…壮絶な介護生活

10年前に義母が認知症を発症し、介護生活が始まった坂本さん(仮名/60歳・女性)。義母の認知症は初期段階では物忘れや軽度の混乱といった症状でしたが、次第に症状が進行し、日常生活に支障をきたすようになりました。具体的には「食事をとったことを忘れる」「夜中に徘徊する」「場所や人を認識できなくなる」などの症状です。

 

「義母の介護は体力的にも精神的にもかなり厳しかったです。夜中に起き出して家の中を徘徊することもあり、その度に起きて対応しなければなりませんでした」

 

さらに、その5年後には義父が脳梗塞で倒れ、要介護状態となりました。義父の介護にはリハビリテーションや移動や入浴などの日常生活全般のサポートが必要で、坂本さんの負担は倍増しました。

 

「義父の介護が加わったことで、私はほとんど休む暇がなくなりました。自分の健康状態もどんどん悪化していくのがわかりましたが、家族のために頑張らなければと思っていました」

 

介護には多大な費用もかかります。

 

「毎月の介護費用が家計に重くのしかかっていました。介護保険を利用しても、自己負担分がかなりの額になり、将来の生活費を考えると不安でした」

 

介護疲れがピークに達した坂本さんは、体調を崩し、医師から「このままではあなたが倒れる」と警告されました。家族とも相談し、ついに義両親を老人ホームに入居させる決断をしました。

 

老人ホームの入居にも費用はかかります。特別養護老人ホーム(特養)など公的施設は比較的費用が抑えられますが、入居待ちが多く、すぐに入れるとは限りません。民間の老人ホームでは、入居一時金として数百万円、月額費用として数十万円が必要になることもあります。

 

とはいえ坂本さん家族の場合、事前にある程度の資金計画を立てており、家族と相談して貯蓄を活用できたため、入居を決断できたということです。また、介護保険制度や高額介護サービス費の支給も受け、経済的負担を軽減できたと語ります。

 

「自分が倒れたら、誰も義両親の面倒を見られなくなると考えました。親不孝だと言われることも覚悟しましたが、老人ホームへの入居が最善の選択だと判断しました」

次ページ老人ホーム入居後の変化

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧