シニアの人生経験は投資にもプラスの効果!長期投資なら投資信託よりも「株式投資」を推す理由【経済誌元編集長が助言】

シニアの人生経験は投資にもプラスの効果!長期投資なら投資信託よりも「株式投資」を推す理由【経済誌元編集長が助言】
(※写真はイメージです/PIXTA)

個別株式、投資信託、ETF、外国為替など、資産を増やす方法はさまざまです。巷では「投資をするなら投資信託を選ぶのがベスト」だとする意見も多いですが、『一生、月5万円以上の配当を手に入れる!シニアが無理なく儲ける株投資の本』(日本実業出版社)の著者である川島睦保氏は、同書の中で「個人の資産運用で中心に据えるべきは個別の株式」だと提言しています。さらに、株式投資においては〈シニアであること〉が強みを発揮するとも言っています。それはなぜなのか、書籍から一部抜粋してご紹介します。

相場センスは「個別の株式」で磨かれる

私は個人の資産運用で中心に据えるべきは、投資信託や上場投資信託(ETF)、外国為替などではなく、個別の株式だと考えている。

 

投資信託は組み入れた銘柄の〝平均的な〟値上がり益や配当金しか得られないのに対し、個別の株式は銘柄の選択や購入するタイミングさえ誤らなければ、〝高い〟リターンを手にすることができる。

 

それに株式投資には、配当金や値上がり益以外にいくつかの有利な点がある。まずビジネスパーソン、社会人、生活人として経験豊富な個人投資家は、自分の経験や肌感覚で、成長性の豊かな企業(社会に貢献することで収益を上げる企業)を見つけ出すことができる。そして、直接その企業の成長を応援しながら、自らの資産を形成することができる。

 

アクティブ型の投資信託の場合は、プロの運用者が投資目的に従って有望銘柄の束(ポートフォリオ)をつくり、日経平均などのベンチマーク(比較対象)を上回る高いリターンを目指してくれる。

 

しかし、それはあくまで他人任せだ。それでは個人として企業を見る目や、売買タイミングに対する皮膚感覚(相場観)などがいつまでたっても身につかない。磨かれない。長期投資のスタイルも身につかない。

 

人間が幸せを感じるのは学習、成長、達成感、感動などの瞬間だ。シニア世代にとって、株式投資はそうした機会を提供してくれるはずだ。

 

注目のセミナー情報

【教育】6月23日(日)開催
医学部合格率75%!
“指名の絶えない実力派講師”が明かす
「偏差値50未満から1年で医学部合格」を実現した最強メソッド

 

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

次ページシニアであることが株式投資に強みを発揮…その理由は?

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧