(※写真はイメージです/PIXTA)

「投資先は日本にすべきか米国にすべきか」「一括がよいか積み立てがよいか」…これらの投資方針については、投資家によって意見がわかれるところです。本記事では『知識も時間もないですが、新NISAでほったらかし投資よりお金を増やしたいです』(KADOKAWA)から、著者の〈投資塾ゆう氏〉が、「米国株“S&P500”の積み立て投資」をおすすめする理由を過去のデータを提示しながら解説します。

S&P500への積み立て投資は20年で元本が1.9倍に!

 

では、同じ期間、日経平均株価ではなく、S&P500に積み立て投資していた場合はどうでしょうか。投資元本の720万円は1,371万円に成長し、651万円もの利益がでています。率にして90%の利益率で、20年で元本が倍近く増えた計算になります[図表3]。

 

日本の株よりアメリカの株の方が成長しているというイメージを持っている人は多いでしょうが、現実に投資成果はアメリカの株がはるかに上回っているのです。しかも、同じ20年の間、S&P500に一括投資した場合の成果は1,303万円で、日経平均の場合と同じように、積み立て投資のほうが利益を出せていました。

 

[図表3]S&P500に20年間積み立て投資をすると、資産が約2倍に

 

ただし、どんな相場でも常に積み立て投資の成果が一括投資を上回るわけではありません。この期間はリーマンショックという大暴落を経験したために積み立て投資で利益を出しやすくなっているだけであり、右肩上がりの相場を切り取れば一括投資のほうが儲かることがあります。

 

積み立て投資のメリットは、こうした右肩上がりの相場ではなくても、利益を出しやすくなる点にあります。とはいえ、どうせ投資するならパフォーマンスの良い対象に投資するほうが有利です。

 

[図表4]2000年4月から2020年3月まで、720万円を一括投資と積み立て投資をした場合の成果

 

ただし、どんな相場でも常に積み立て投資の成果が一括投資を上回るわけではありません。この期間はリーマンショックという大暴落を経験したために積み立て投資で利益を出しやすくなっているだけであり、右肩上がりの相場を切り取れば一括投資のほうが儲かることがあります。

 

積み立て投資のメリットは、こうした右肩上がりの相場ではなくても、利益を出しやすくなる点にあります。とはいえ、どうせ投資するならパフォーマンスの良い対象に投資するほうが有利です。こうしたことから、私は自分のお客様に対し、積み立て投資の対象としてS&P500をおすすめしているわけなのです。

 

 

投資塾ゆう

投資アドバイザー

 

※本記事は『知識も時間もないですが、新NISAでほったらかし投資よりお金を増やしたいです』(KADOKAWA)の一部を抜粋し、THE GOLD ONLINE編集部が本文を一部改変しております。

 

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】5月20日(月)開催
他を圧倒する「高利回り」&「賃料上昇」を実現!
いま、中小企業が取るべき経営戦略
新しい収益基盤を構築する「オフィス投資」の全貌

 

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

 

【関連記事】

■税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

■親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

■恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

■47都道府県「NHK受信料不払いランキング」東京・大阪・沖縄がワーストを爆走

 

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録