(※写真はイメージです/PIXTA)

お金持ちになるための鍵は何だと思いますか? 副業の学校「副業アカデミー」の代表・小林昌裕氏は著書『お金持ちがこっそり始めてる「くせ強」資産ブースト術 1億の壁を超える「シンお金の増やし方」』のなかで「マインドセット」だと言います。「勉強します」という言葉に要注意、とはいったいどういうことなのか、小林氏の考え方をご紹介します。

「やるのが嫌だ」と思ったらすぐ「やれ!」

「やらない理由を探すモード」は、目の前に嫌なことがあるときに発動するものです。

 

嫌なことはやりたくないので、やらない理由を一生懸命探すというわけです。

 

たとえば、物販の講座を受講して、手法を先生に教わったうえで、「この方法で毎日30分だけリサーチしてください」と言われたとします。しかし、リサーチという嫌なことをする前に、「残業で遅くなったから」とか「もう疲れちゃった」などと理由を探して、今日はやらないというのが典型的なパターンです。

 

英語の勉強も同じです。たとえば、TOEICで800点を取らなければいけなくなり、勉強をする必要があるのに、「今日は息子の誕生日だから」「飲み会があったから」などと理由をつけてはサボってしまう。

 

リサーチも英語の勉強も、本当は自分のためになるはずのものです。まずは、そこから逃げている自分に気づいてほしいと思います。そして3回に1回でいいので、気が進まないことをやっていただきたいのです。

 

これは、私のような凡人に向いている改善方法です。3回のうち2回は逃げたり誤魔化したりすることは仕方がないが、その代わり、3回に1回は必ずやり遂げるのです。今の私は、3回のうち2.5回くらいはできるようになってきました。

 

この考え方は、私が27歳くらいの頃に外資系生命保険会社のトップセールスマンから教わったものです。保険会社で年間1億円以上稼いでいるその方に「どうしたらそんなに成果が出るのですか?」と聞いたことがありました。

 

すると、「超簡単だよ。嫌だなと思ったことを全部やるだけだから」と言われたのです。

 

そうかと感心するとともに、自分には無理だと思いました。それが顔に出たのかもしれません。その方は続けて、「あ、小林君はまだこれからなので、3回に1回でいいよ」と言ってもらって気が楽になったのを覚えています。

 

その方は、誰も知り合いのいない経営者の交流会に、嫌だなと思っても1人で行って契約のチャンスを作ったり、1日10件、営業のアポを取るまで電話をかけ続けたり、嫌なことを徹底して続けたといいます。それがトップセールスという結果に結び付いたわけです。

 

「3回に1回でいいからやってみ」と言ってもらって以来、私はそれを実践するようになりました。

 

不動産の物件を探したり、リサーチしたり、ブログを書いたりするのは全部面倒くさいことです。やらない理由が頭をよぎるので、そのときに「自分のためだから3回に1回はやるぞ!」と自分を奮い立たせて、私はやってきました。これを続けると、ほぼ100%後悔しないようになりました。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページ自分のために嫌なことをやる

※本連載は、小林昌裕氏による著書『お金持ちがこっそり始めてる「くせ強」資産ブースト術 1億の壁を超える「シンお金の増やし方」』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

お金持ちがこっそり始めてる「くせ強」資産ブースト術 1億の壁を超える「シンお金の増やし方」

お金持ちがこっそり始めてる「くせ強」資産ブースト術 1億の壁を超える「シンお金の増やし方」

小林 昌裕

KADOKAWA

お金の不安が消し飛ぶ!1億を超える稼ぎ方と資産運用法 貯金だけ、投資信託だけ、株式投資だけだけではいつまでたっても億り人にはなれません。さまざまなインフルエンサーの方法論の中で見落とされているのは、彼らの多くが…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧