【実話】“本田圭佑”の心も掴む…チャンスは1回!投資家に「出資」を決断させるプレゼンで「最も強調すべきこと」〈シリアルアントレプレナーが戦略を伝授〉

【実話】“本田圭佑”の心も掴む…チャンスは1回!投資家に「出資」を決断させるプレゼンで「最も強調すべきこと」〈シリアルアントレプレナーが戦略を伝授〉
(※写真はイメージです/PIXTA)

起業家は自分が作るビジネスについて、社内外のステークホルダーに説明する機会が多くあります。では、社外の投資家に自社への出資を決断させるにはどのようなプレゼンをすればよいのでしょうか? 本記事では、株式会社Piece to Peace代表取締役CEOの大澤亮氏が、サッカー選手であり実業家の本田圭佑氏からの出資を受けた経験から、投資家に出資してもらうためのプレゼンのポイントを詳しく解説します。

本田圭佑に自社のアンバサダーとなってもらいたい!

2019年8月15日の夜。あの、本田圭佑氏へのプレゼン。事業に投資の決断をいただくためのチャンスは1回きりでした。どうやって決断に至らしめたのか。50分程度のあいだに、いろんな話をしましたが、「なにが最も決断させるに至ったのか」。

 

あくまで本田さんとのやりとりのなかでの想像に過ぎませんが、起業家の皆さんが今後投資家にプレゼンすることもあるかと、一部始終を紹介します。

 

著名人とコンタクトを取る一番有効な方法

筆者の運営するサービス「キャリーミー」の構想をしていたのが2015年、2016年に事業化し、1年程度経ったころから、本田さんには「絶対にアンバサダーになっていただきたい」と強く願っていました。

 

理由は、弊社は既存市場に参入しているのではなく、新しい「プロ人材」という市場を創っていること。市場全体の認知を獲れる、かつ「プロ」に相応しい著名人の力が必要だったからです。

 

※ 既存の人材紹介や人材派遣、クラウドソーシングで出会う人材とは異なり、業務委託契約で企業と契約し、戦略から実務まで業務を行う優秀な起業家・フリーランス人材。

 

さて、強く願っただけでは、当然想いは叶えられません。よくさまざまな本にあるように「書かないとダメ」とありますし、実際に書いて自宅に貼り付けていましたが、当たり前のことながら、書いただけでもダメです。必要なのは「どれだけ実行に移せるか」。

 

では、「どう実行するか」です。いきなり本田さんにXやDMを送ってみても、無視される確率が高い。こうしたときに最も信頼できるのが、「本田さんが信頼するような人からの紹介」でしょう。

 

本田さんをアンバサダーに、という想いを抱いてから1年程度経過したときに、とある実績豊富かつ著名なエンジェル投資家とお会いしお話することができました。

 

その方(A氏)とお会いし、ある程度信頼関係が構築できたと思われた時点で、相談してみました。

 

「Aさん、もしかして、本田圭佑さんと一緒に投資などされていませんか? もしされているようであればご紹介いただくことは可能でしょうか?」

 

A氏は快く承諾してくださいました。これで、第一関門は突破!

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月13日(土)開催
必見!不労収入100万円の作り方
<創業35年>トーシンパートナーズが伝授
基礎から学ぶ「ワンルームマンション投資」

 

【海外不動産】4月17日(水)開催
利回り7%、値上がり率60%超の投資案件も!
世界の富裕層が熱視線を送る
「ドバイ不動産」最新・投資戦略

次ページプレゼンの戦略
チャイナテック 

チャイナテック 

趙 瑋琳

東洋経済新報社

世界規模で急速に進展する経済のデジタル化はすでに私たちの行動や生活、社会経済に大きな変化を与えています。デジタル技術の進展により、その変化は今後、より一層大きくなることは間違いありません。 本書はその変化の源と…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録