米国「半導体供給網」分散へ…「フィリピン」への巨額投資を示唆

3月18日週「最新・フィリピン」ニュース

米国「半導体供給網」分散へ…「フィリピン」への巨額投資を示唆
写真:PIXTA

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が、フィリピンの現況を解説するフィリピンレポート。今週は、アメリカからの大きな投資が動き始めましフィリピンの最新情報をレポートします。

米・商務長官「フィリピンの半導体工場、2倍へ」

3月12日(火)、アメリカ合衆国商務長官のGina M. Raimondo 氏はマカティ市で開催されたビジネスフォーラムで「アメリカ企業は、自社のチップのサプライチェーンが世界中のほんの数ヵ国に集中しすぎていることにリスクを感じている」と述べました。「なぜ私たちは、1つか2つの国からのみ大量のチップを購入することを許しているのでしょうか? だからこそ、多様化が必要です。そして今がそのタイミングであり、フィリピンにとってチャンスなのです」と付け加えています。

 

フィリピンには現在、13の半導体組み立て、テスト、パッケージング工場がありますが、同氏は「工場数を倍増させましょう。今は成長のタイミングです。フィリピンには才能があり、専門知識があります」と語り、フィリピンはとサプライチェーンの多様化を高めたい企業にとって最優先の国であるとしました。

 

米貿易産業省(DTI)は「工場数を倍増させるという目標は達成可能である」とし、目標は半導体産業のために120,000人のエンジニアを育成すること、フィリピンの最大の魅力は人材であり、スキリングとアップスキリングが重要としています。

 

フィリピンは、アメリカ合衆国が CHIPS and Science 法に基づき、半導体サプライチェーンの多様化のために提携している7ヵ国のひとつです。ちなみに同法律で提携先となっている国は、インド、韓国、ベトナム、台湾、日本、シンガポール、イスラエル。この法律に基づき、アメリカは、チップ製造を支援し、中国での工場を持つチップメーカーをアメリカまたは他の友好国に移転させるために、527億ドルの連邦補助金を提供する予定です。

 

一方で、フィリピンアメリカ商工会議所(American Chamber of Commerce of the Philippines)は、フィリピンの課題は、高エネルギーコストと安定した電力供給だと指摘しています。もしウェハー工場や半導体工場が一時的にも停止すると100万ドル相当の損失になる可能性があるからです。

 

米貿易産業省(DTI)は現在、一定額を投資すれば所得税の還付を受けることができる仕組みを作っており、これによって高エネルギーコストをカバーするのに役立つという措置を取っています。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページ22の米国企業による「貿易投資使節団」フィリピン訪問

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧