投資初心者「プロの意見を聞きたいが…」選択を誤ると大変!? 最適なアドバイザー探しの重要ポイント【経済評論家が助言】

投資初心者「プロの意見を聞きたいが…」選択を誤ると大変!? 最適なアドバイザー探しの重要ポイント【経済評論家が助言】
(※写真はイメージです/PIXTA)

近年では政府からの後押しもあり、投資家デビューする人が増えています。投資をする以上、経済の動向は常にチェックするわけですが、だれの、どのような意見を参考にすればいいのか、迷う方も多いのではないでしょうか。経済評論家の塚崎公義氏が「景気を語る人」を分類し、意見を聞く際の留意点や意見の活用方法を解説します。

景気について語る人は「4グループ」に分類できる

景気について語る人は大勢いますが、筆者はそうした人を4つのグループに分けています。「経済学理論優先の経済学者」「株価を予想するために景気の話をする株価予想屋」「景気の予想屋」「常に大恐慌を予言し続けるトンデモ屋」です。

 

★「経済学者」…経済学理論優先

 

経済学者は、経済学理論には詳しいのですが、経済学理論で景気を説明することは、現段階では無理があります。「景気は気から」といわれるように、心理の影響も大きいので、心理学との共同研究が進むまで、むずかしいでしょうね。

 

そこで筆者は景気を語る経済学者のことを「理路整然と間違える人々」と呼んでいます。彼らからすれば筆者は「経済学理論もわからずに景気を語っている勘ピューター」ということなのでしょうが。

 

★「株価予想屋」…株価を予想するために景気の話をする

 

株価の予想屋は、限られたものを詳しく見ます。具体的には日米の金融政策と米国の雇用統計です。米国の鉱工業生産は、あまり見ません。それは、米国の生産統計が発表された日に株価が動かないからです。生産統計の発表で株価が動かないならば、投資家は生産統計に興味を持ちません。したがって、株価の予想屋も生産統計について語らない、というわけです。

 

★「景気の予想屋」…数多くの経済指標を広く浅く見る(筆者はここ)

 

景気の予想屋は、数多くの経済指標を広く浅く見ます。景気の大きな流れをさまざまな要因の綱引きであると考えているからです。米国の鉱工業生産等も、もちろん見ます。

 

景気予想屋は、株価予想屋と反対で、金融政策についてはあまり関心を持っていません。「金利が0.25%下がったから設備投資をしよう」という企業は多くないからです。せいぜい「金融緩和で株高やドル高になると景気にはプラスかな」といった程度でしょう。

 

★「トンデモ屋」常に大恐慌を予言し続ける

 

トンデモ屋はある意味で優れたビジネスモデルです。筆者の自尊心がもう少し少なかったら試みてみたいのですが(笑)。

 

トンデモ話を聞きたい人は一定数います。最悪の可能性について考えてみたい、という人も一定数います。したがって、固定客が容易に確保できるわけです。

 

しかも、面白いストーリーを多数思いつけます。楽観論は「大したことは起こりません」で終わりですが、悲観論は多様な懸念を膨らませることができるからです。「幸せな家庭は一様に幸せであるが、不幸な家庭はそれぞれに不幸である」という言葉がトルストイの小説にありましたが、それと似ていますね。

 

そして、予想が外れてもだれにも怒られません。時々リーマン・ショックのようなことが起きますから、その時には「何年も前から私が正しく予想していたとおり…」といえばいいのです。

景気予想屋と株価予想屋について、ちょっと補足

景気予想屋は「経済指標は数多くあり、それぞれが振れるのだから、一喜一憂しないように」と教えられて育ちます。多くの経済指標を数カ月分眺めて、景気の大きな流れが変化しつつあるのかを見極めるのです。

 

株価の予想屋は、そんなことをしている間に株価が動いてしまいますから、他人より素早く一喜一憂する必要があります。

 

そこで筆者は株価予想屋を「雨が降り始めると洪水を心配し、雨が止むと水不足を心配する人々」と呼んでいますが、彼らにいわせれば景気予想屋は「堤防が決壊してから洪水を心配する人々」なのかもしれません。

景気予想屋の見解&株価予想屋の見解…「目的別」に使い分けよう

上記のように、景気予想屋と株価予想屋は大きく異なるわけですが、優劣があるわけではありません。違う職業だから違うことをしている、というだけなのですから。

 

情報の受け手が、なんのために景気のことを知りたいのか、それによってどちらの話を聞くかを決めればよいのです。ちなみに、だれがどちらに属しているかを知るのには、「金融政策の話に詳しいか否か」が判断材料になります。詳しければ株価予想屋、そうでなければ景気予想屋だと考えてよいでしょう。

 

筆者は景気予想屋ですから、仕事中は株価予想屋を批判したりしていますが、趣味で株式投資をしているので、趣味の時間には彼らの話を聞きます。目的によって使い分けているわけです。

 

ちなみに、景気の予想のほうが株価の予想よりも当たりやすいのですが、それは景気の予想屋が株価の予想屋より優秀だということを意味するものではありません。

 

景気の予想というのは、景気が上を向いているときには「このまま改善が続くでしょう」といっておけば、高い確率で当たります。一方で、株価の予想は非常に困難です。世界中のプロの半分が株価上昇を予想して買い注文を出し、残り半分が下落を予想して売り注文を出している結果がいまの株価なのですから。

 

今回は、以上です。なお、本稿はわかりやすさを重視しているため、細部が厳密ではない場合があります。ご了承いただければ幸いです。

 

筆者への取材、講演、原稿等のご相談は「ゴールドオンライン事務局」までお願いします。「THE GOLD ONLINE」トップページの下にある「お問い合わせ」からご連絡ください。

 

 

塚崎 公義
経済評論家

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【教育】4月29日(月・祝)開催
医学部専門予備校が教える
「国公立/私立」医学部逆転合格の秘訣
本セミナー参加者に限定オファー&書籍プレゼント

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧