究極のセルフケア――「瞑想」とは何か?

前回は、疲れやストレスの緩和に効果的な「丹田呼吸法」のやり方などについて説明しました。今回は、究極のセルフケアともいえる「瞑想」ついて見ていきます。

ストレスなどで疲れた自我を解放する

「瞑想」と聞くと、宗教のイメージを連想する人もいるかもしれません。けれども近年、趣味としてのヨガや、健康法としての呼吸法などが身近な存在となり、瞑想そのものが見直され、評価も高まっています。

 

瞑想とは、ひとことでいうと「何も考えずに頭を空にして、ストレスなどで疲れた自我を解放すること」です。また瞑想にはさまざまな種類がありますが、そこに優劣はありません。基本は、どの瞑想も「調身」「調息」「調心」という三調を整えることを目指すものです。ではいったい、瞑想にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

瞑想を行うことによって、今までなかった「気づき」が得られることがあります。すると瞑想を終えたあとでも、気づきを見つめ続けることで、人生を大きく好転させたり、こころを整えることができるようになります。

 

つまり、瞑想を行うことで、どんなことにも動じないようにこころを鍛えたり、穏やかでしなやかなこころに変えていくことができます。スピード化、効率化が進んだ現代は常に気忙しく、ストレスにさらされ続けている状態です。けれども、瞑想を行うことによって、「こころの持ち方、とらえ方次第で、環境とは関係なくこころは幸せになれる」ということを実感できるでしょう。

「瞑想のメリット」を感じる瞬間とは?

瞑想を習慣にすると、普段の暮らしや感じ方まで変わってきます。「瞑想のおかげで変わったのだろう」と気づく瞬間が増えるようになります。

 

【瞑想のメリットを感じる瞬間】

・日常のストレスが、以前よりも軽くなります。

・趣味や好きなことに没頭をしているとき、「気持ちがいい」「幸せ」などプラスの感情に満たされることが増えます。

・もともと持っていた能力をうまく発揮することができます。

・今まで意識することが少なかった「本当の自分の気持ち」に気づきやすくなります。

・コミュニケーションや対人関係のトラブルなどを、以前よりもうまく切り抜けられるよ
うになります。

・幼少の頃の記憶、ひいては母親の胎内にいた頃の感覚を思い出すようになります。

・目には見えない広大な「宇宙」の存在を感じるようになります。

 

自分の意志さえあれば、誰でも、いつでもはじめられるのが瞑想のよいところです。瞑想
とは、自分で自分の心身を整えていく、究極のセルフケアなのです。

医療法人東海 理事長

医療法人東海理事長。医療法人コジマ会ジャパン藤脳クリニック脳神経外科医師。医学博士。愛知県名古屋市出身。1986年藤田保健衛生大学医学部卒。脳神経外科を専門とし、全般、特に脊髄から末梢神経まで詳しく精通している。介護老人保健施設の運営を通じ、近年は脳卒中予防の観点から糖尿病や高血圧症等、生活習慣病も扱っている。また、東洋的な思想を取り入れ、気功や瞑想などを様々な病気の治療に活用、産業医としてさまざまな疾患に対する気功の効果を独自に研究している。

著者紹介

連載こころとからだを整えるカンタン呼吸法

本連載は、2016年2月28日刊行の書籍『1日3分で医者いらず こころとからだを整える「呼吸法」』から抜粋したものです。記載内容は予防医学の観点からの見解、研究の報告であり、治療法などの効能効果や安全性を保証するものではございません。

1日3分で医者いらず こころとからだを整える「呼吸法」

1日3分で医者いらず こころとからだを整える「呼吸法」

丸山 浩然

幻冬舎メディアコンサルティング

頭痛、肩こり、不眠、イライラなどの不定愁訴は、ホルモンバランスの乱れや環境ストレス、精神的ストレスなどにより、自律神経のバランスが崩れることで発症するといわれています。その解決のカギともいえるのが、理論に基づい…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧