Airbnb運営でホストが行う具体的な業務とは?

今回は、Airbnb運営でホストが行う具体的な業務について見ていきます。※本連載は、Airbnb総合研究会代表、阿部ヨシカズ氏の著書『インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド』(ソシム)の中から一部を抜粋し、Airbnbを始める際に知っておきたい法律面・契約面のポイントや、想定されるトラブルの解決法などを紹介します。

「リアルとネット」で分類されるホストの業務

ゲストに宿泊するための部屋を貸し出すためには、ホストにとってさまざまな業務が発生します。ホストを開始するにあたって、どのような業務が必要になるのかを把握しておきましょう。特に、副業として取り組みたい場合は、今のライフスタイルですべての業務を自分でこなせるのかどうかを判断しなければなりません。もし、一部の業務がどうしても自分で行えない場合は、その業務が外注可能かどうかを検討することになります。

 

ホストの業務は、主にAirbnbのシステムやメールなどのメッセージングアプリを使った「ネット業務」と、設備の準備や部屋の清掃などの「リアル業務」に大きく分類できます。

 

【図表 リアル業務とネット業務】

 

ネット業務は、貸し出す物件のリスティングを作成してAirbnbのシステムに登録したり、リスティングに対する問い合わせや予約申し込みがあったゲストに対して英語で返事を書いたりすることがメインです。問い合わせに返事を書くのは、パソコンからでも可能ですが、できればスマホアプリから素早く返信できるように練習したほうがいいでしょう。

 

ゲストは、通常、予約する物件を絞り込むために、同時に複数の物件に対して問い合わせをします。返事が一番早かった物件に即決定するわけではありませんが、ゲストの立場になれば、素早く返事をくれるホストへの好感度は上昇します。逆にいえば、返事が遅くなるほど、予約を取りにくくなります。

リアル業務のメインは「日々の部屋の清掃」!?

ネット業務は、リスティングの作成にしても、問い合わせへの返事にしても、英語を使うことが多くなります。返信するメッセージに文法や綴りのミスが目立ってしまうと、ホストとのコミュニケーションに不安を与えるかもしれませんが、そのことをあまり恐れる必要はありません。英語があまり得意でない人は、ゲストとのコミュニケーションの経験を積んで、英語力を磨けばいいでしょう。

 

ただし、リスティングについては、部屋を貸し出す条件を記載する契約書の役割を果たしますので、英語の間違いは大きなトラブルにつながりかねません。リスティングについては、原文を日本語で作成して、それを英語の得意な人に英訳してもらうことをおすすめします。英訳については、インターネットを使って安く外注する方法もあります。

 

リアル業務は、部屋の設備・家具の準備と、日々の部屋の清掃がメインです。設備・家具の準備とは、部屋を貸し出すにあたり、ベッドや寝具など、最低限の設備を設置することを指します。この業務は、基本的には最初に一度だけ発生します。部屋の予約が順調に埋まってくるようになると、新しい設備の導入や新品への買い換えを検討すればいいでしょう。設備のグレードがアップすることで、宿泊料の値上げもしやすくなります。

 

ホストにとって、部屋の掃除が最も手間がかかる業務といえるかもしれません。部屋の掃除には、タオルやシーツ、カバーなどリネン用品の交換も含まれます。Airbnbでは、2泊以上連続して滞在する場合、滞在期間中の部屋の掃除については、ゲストにお願いするという条件で部屋を貸しているホストも少なくありません。

 

リネン用品については、あらかじめ宿泊数分、部屋に置いておけば事足ります。あらかじめ、そのような条件に同意して宿泊してもらうことで、部屋の掃除はゲストがチェックアウトした時だけに回数を抑えることができます。

 

これ以外のリアル業務としては、チェックイン時の鍵の受け渡しがあります。鍵は直接会って手渡すのが理想的ですが、ゲストのチェックインをずっと待つのも大変なので、受け渡しにキーボックスを使ったり、鍵の置き場所をあらかじめメッセージで伝えておいたりという方法がよく採用されています。

Airbnb総合研究会代表 

日本で最初の民泊の書籍『Airbnb入門ガイド』の著者。 同書はAmazonのカテゴリーランキングで1位を獲得し、2冊目の著書『Q&Aでわかる!初めての民泊』を5月に出版。累計1万部を超える販売部数を誇る。交流タイプ・シェアタイプ・貸切タイプ全てで貸出しており、民泊に関するセミナーを多く開催している。
2016年よりオンラインサロンを開設し、個別なコンサルティングを行っている。

■Airbnb総合研究会
http://airbnb-info.com
■YoshiとManamiの民泊サロン
https://synapse.am/contents/monthly/airbnb_salon

<著作>
『副業ビジネスとしても将来有望! インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド』(ソシム)
『Q&Aですぐわかる! Airbnbで始める初めての民泊』(扶桑社)

Airbnb完全マスター 1Day講座(DVD Package)
http://japanlifedesign.com/airbnb-learning-DVD/

著者紹介

連載副業ビジネスとしての「Airbnb」入門ガイド

本連載は、2016年1月12日刊行の書籍『インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド

インターネット民泊仲介サービスAirbnb入門ガイド

阿部 ヨシカズ

ソシム

Airbnb(エアビーアンドビー)は主に海外からの旅行客に対し民泊の仲介を行うサービスで、日本でも急速に利用者を伸ばしています。 本書では、Airbnbしくみと現状の使われ方、副業としての可能性などのほか、旅館業法などの法…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧