インフレの波が押し寄せるいま、ただ銀行に預けているだけではお金を守ることはできません。本記事では、ファイナンシャル・プランナーの横川由理氏の著書『知らなきゃ損! インフレってなに?』(自由国民社)から、定期預金よりも有利にお金を増やすことができる「債券(個人向け国債)」についてわかりやすく解説します。

登場人物

かあさん(横川由理)
FPとして活躍する本書の著者。「正義の味方になる」「迷ったらやる」「専門用語を使わない」をモットーに、資産運用に悩む人たちにわかりやすくアドバイスを行う。桃太郎の育ての母。


猫の桃太郎(ももちゃん)
生まれたばかりで迷子になり、横川さんの息子の由比(ゆい)君に保護された♂猫。横川家に迎えられ、かあさんが哺乳瓶でミルクをあげてすくすくと育った。人間と話ができる不思議な能力を持つ。

 

インフレに負けない運用って?

かあさん:よく、「インフレに負けないように資産運用をしよう」といわれるけれど、資産運用というと、儲けを狙うイメージが強いわよね。でも、儲けるというよりも、インフレに負けないことが大切。インフレに負けないためには、自分の資産がインフレ以上に増えてほしいと思わない?だから、まずは資産を守るために、少なくともインフレと同じくらい資産を増やすことを目標にしましょう。

 

桃太郎:どれくらいを目標にすればいいの?

 

かあさん:2023年5月のモノの値段(物価)は、2022年の5月と比べて、3.2%も高くなっていたのよ。野菜とか生鮮食品を含めると、なんと4.3%も上がっていたそう。少なくとも毎年、3%は資産運用で増えてほしいわよね。ももちゃん、キャットフードはなんと1年前の27%以上値上がりしたの。

 

桃太郎:ショック……(桃太郎、気を取り直して!)。今銀行に預けておくと、具体的にどれくらい増えるの?

 

かあさん:増えないわよ。元本保証はインフレに弱いの。メガバンクの定期預金に預けると、金利は0.002%。10万円なら1年間で2円の利息ね。

 

桃太郎:たった2円……。

 

かあさん:でも、インターネット銀行や地方銀行のインターネット支店なら、0.2%の利息がつくわ。都市銀行の100倍よ!

 

桃太郎:100倍といっても、200円でしょ? インフレに大負けだ。0.2%と3%では大違い。金利が低いから銀行に預けると損をするんだよね。いいこと考えた! 預金ってやつは、真ん中に銀行が入るから悪いんだよね! 直接、お金を借りたい人に貸したらどう? 利息がたくさんもらえそう!

 

かあさん:ももちゃん、すごいじゃない。その方法を債券っていうのよ! 直接、困っている人にお金を貸すの。

 

[図表1]債券のしくみ

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページ買っていい個人向け国債は1つだけ

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録