爆発的に燃え上がる…「天ぷら油火災」や「電子レンジ火災」で〈絶対にやってはいけない〉NG行動【元レスキュー隊員が解説】

爆発的に燃え上がる…「天ぷら油火災」や「電子レンジ火災」で〈絶対にやってはいけない〉NG行動【元レスキュー隊員が解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

元レスキュー隊員として「助かる命を助けるために」をテーマに、防災YouTubeチャンネル「RESCUE HOUSE」を運営するタイチョー氏。本連載では、同氏の著書『消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典』(2022年刊行、KADOKAWA)より一部を抜粋し、自分や大切な人の命を守る知識やテクニックを紹介します。前回に引き続き、今回も「火災の対処」を見ていきましょう。

<前回記事>

【防災】実は超簡単!消火器は〈ピン・ポン・パン〉で誰でも使えます【元レスキュー隊員が解説】

日常生活に潜む「身近な火災」…原因と対処法を知っておこう

揚げ物などの調理中に鍋から出火した際、消火しようとして慌てて水をかけると炎が爆発的に大きくなり、油も飛び散ってとても危険です。次の手順で窒息消火しましょう。

 

1. 水で濡らして絞ったタオルを用意する

2. 鍋のふちを完全に覆うようにしてタオルをかけ、窒息消火する

3. 安全な状態になったらコンロの火を消す

 

なお、再燃焼する危険があるため、火が消えてもすぐにタオルを取ってはいけません。

 

出所:タイチョー著『消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典』
【図表】天ぷら油火災の火の消し方 出所:タイチョー著『消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典』

電子レンジを使うと危険な食べ物

消防レスキューが出動することが多かったのが、「食べ物の加熱しすぎ」による電子レンジ火災です。

 

なかでも「さつまいも」と「中華まん」は電子レンジで5分以上加熱すると、水分が蒸発して可燃性ガスが庫内にたまり、爆発的に燃え上がる危険があります。

 

これらの食品を電子レンジで調理する際は「短時間」「その場から離れず様子を見る」を徹底し、電子レンジ付近には可燃物を置かないようにしましょう。

「身近な火災」の注意点

【NG行動①】電子レンジ火災時に「扉を開ける」

電子レンジ内で出火した際、すぐに扉を開けてはいけません。慌てて扉を開けると、酸素が入り、爆発的に燃え上がる危険があります。まずはコンセントを抜いて電源を切り、火が消えるまで様子を見ます。消えない場合は消火器で消火を行いましょう(扉は開けない)。

 

【NG行動②】「屋内で」スプレー缶のガスを抜く

部屋の中でガス抜き作業をすると、たばこの火や静電気などで火災が発生する危険があります。余ったスプレー缶のガスは必ず外の風通しのいい場所で抜きましょう。

 

---------------------------------------------------------

【ワンポイント】助かる命を助けるために…

消火に失敗した場合には、燃えている部屋の扉を閉め、煙が他の部屋に入らないようにして燃え広がるのを遅くする

---------------------------------------------------------

 

 

タイチョー

株式会社VITA 代表取締役

元大阪市消防局職員/防災アドバイザー

 

元レスキュー隊員として「助かる命を助けるために」をテーマに、防災YouTubeチャンネル「RESCUE HOUSE」を運営。災害現場のリアルな声とともに、災害大国ニッポンならではの「気づき」を日々発信している。YouTube登録者29.5万人(2024年2月時点)。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月13日(土)開催
必見!不労収入100万円の作り方
<創業35年>トーシンパートナーズが伝授
基礎から学ぶ「ワンルームマンション投資」

 

【国内不動産】4月13日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

 

【海外不動産】4月17日(水)開催
利回り7%、値上がり率60%超の投資案件も!
世界の富裕層が熱視線を送る
「ドバイ不動産」最新・投資戦略

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

※本連載は、タイチョー氏の著書『消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典

消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典

タイチョー(著)
みぞぐちともや(イラスト)

KADOKAWA

【「いざ、そのとき」のあらゆる災害から命を守る】 自然災害・人災・日常の事故やトラブル…。「もしも」のときに備えて知っておくべき【58の対処法】を紹介! 数々のレスキュー現場で救助してきたレスキュー隊員だから…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧