※画像はイメージです/PIXTA

保険には生命保険、医療保険、個人年金保険など、さまざまなタイプがありますが、その種類や契約の仕方によって相続財産としての扱いが異なることをご存じでしょうか。生命保険と税金のルールについて、正しく把握していなければ、せっかく受け取った保険金を税金で減らすことになりかねません。本記事では、税理士で渡辺資産税税理士事務所所長の渡辺由紀子氏による著書『いつ死んでも後悔しない! かしこい生前贈与』(PHP研究所)から、保険と税金の関係について解説します。

保険はどこまでが相続財産?

生命保険、医療保険、個人年金保険など、さまざまなタイプがありますが、保険の種類や契約の仕方によって扱いが異なります。

 

相続財産になるのはどんな保険?

被相続人が契約者(保険料を支払う人)となっていた保険のうち、父親が亡くなった場合を想定して整理してみましょう。

 

まず挙げられるのは、「父親が亡くなったことで保険金が支払われる生命保険」です。一般的には妻や子どもが受取人になっており、保険金を受け取った人の相続財産となります。

 

次に年金保険や養老保険など、「父親が将来受け取るはずだった保険」も相続財産に含まれます。いずれも死亡時には契約時に決まっていた額が支払われますから、その金額が相続財産になります。

 

入院や手術で給付金が支払われる医療保険の未払い分や、要介護になって受け取れるはずの介護保険など、父親が亡くなってから受け取る保険金も、相続人が受け取ることになるため、相続財産になります。

 

さらに、父親が子どもに保険をかけるといったケースもあります。その場合は、保険金を受け取る権利を誰かが引き継ぐことになるため、生命保険契約に関する権利として、相続財産に含みます。

 

[図表1]「相続財産」になる保険

 

生命保険契約に関する権利の金額は?

前述のとおり、父親が契約し、死亡した場合に母親や子どもに保険金が支払われる保険は、相続財産になります。その場合の金額は、保険会社が計算した、相続開始時点の解約返戻金の額、です。それまでに父親が支払った保険料が父親の残した財産、とみなされるわけです。

 

父親が契約者ではない保険はどうなる?

保険金などが相続財産になるかどうかは、契約者(保険料を支払う人)、被保険者(保険対象者)、受取人(保険金などを受け取る人)の関係によって異なります。前述のとおり、相続財産になるのは被相続人が契約者だった場合です。

 

父親が亡くなったときに困らないよう、母親が、自身を受取人にして生命保険に加入していた場合、自分で支払った保険料によって死亡保険金を得たということになります。そのため、相続税ではなく、所得税が課税されます。

 

また父親の死亡時に子どもが保険金を受け取れるように母親が契約者として保険に加入した場合は、母親から子どもへの贈与にあたり、贈与税の対象となります。

 

[図表2]生命保険の契約者と税金の種類

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ生命保険金の非課税額とは?

あなたにオススメのセミナー

    いつ死んでも後悔しない! かしこい「生前贈与」

    いつ死んでも後悔しない! かしこい「生前贈与」

    渡辺 由紀子

    PHP研究所

    2015年の相続税の改正により、相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられ、課税対象者が増加しました。お金持ちだけの問題ではなく、一般家庭にまで対策の必要性が高まっています。 本書では「生前贈与」に焦点を絞り、「知って…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ