画像:PIXTA

世界的な一流投資家たちは、みなそれぞれ独自の信念と哲学を有している──。本連載は、金融ジャーナリストであるウィリアム・グリーン氏の著書『一流投資家が人生で一番大切にしていること』(早川書房)より一部抜粋して紹介し、一流の投資家たちの成功哲学を探ります。今回は、世代を代表する投資家、慈善家であるモニッシュ・パブライ氏が、グリーン氏とともに、自らの財団が設立した、才能ある貧困層の子どもたちに教育の機会を提供するプログラムを実施する高校に訪れた際のエピソードで、彼の成功哲学が垣間見える箇所を抜粋して紹介します。

パプライが写真を一緒に撮ろうとアリーサを誘う。「きみはきっと、ぼくのことを忘れるだろうな」といたずらっぽく言う。「でもそのとき、ぼくはこう言おう。『昔、一緒に写真を撮りましたよ!』ってね」 。生徒たちがおもしろがって笑いだす横で、私は泣きそうになる。目のまえで何かの魔法が起こるのを見た。貧しい世界から出てきた子どもが、自身と家族を豊かな世界へと導く知力のあることをいまここで証明したのだ。育ってきた境遇とこれまでの困難を考えれば、奇跡と言っていい。

「サー、どうやって、そんなにお金持ちになれたのですか?」

そのあとの時間、生徒たちはパブライに質問を次々と浴びせる。最後に、みなが訊きたかったことをひとりが思いきって訊く。「サー、どうやって、そんなにお金持ちになれたのですか?」。

 

パブライは笑って言う。「お金を増やす方法があるんだよ」どう説明しようか迷いながら話しだす。「私には尊敬する人物がいて、名前をウォーレン・バフェットと言う。聞いたことのある人は?」誰も手をあげない。きょとんとした顔ばかりがまえを向いている。

 

そこでパブライは、自分の18歳の娘モマチが高校卒業後の夏休みのアルバイトで4,800ドルを稼いだ話を始める。その金をパブライは、娘のための年金口座に投資した。このささやかな貯金が毎年15%の福利で60年間増えていったらどうなるか、パブライは生徒たちに訊いてみる。「5年ごとに額は2倍になる。ということは、2倍を12回繰りかえすよね」 。パブライは言う。「人生も倍々で大きくなる」。

 

一分後に生徒たちは計算を終えた。モマチが78歳になる60年後には、貯金の4,800ドルは2,000万ドルにもなっている。数学的に起こる現実のとてつもない力に、教室は驚嘆の空気に包まれる。「複利について、もう忘れないね?」パブライが尋ねる。インドの貧しい村からやってきた40人が声をそろえる。「はい。サー!」。

 

 

金融ジャーナリスト

ウィリアム・グリーン

あなたにオススメのセミナー

    一流投資家が人生で一番大切にしていること

    一流投資家が人生で一番大切にしていること

    ウィリアム・グリーン

    早川書房

    「金は確かに大切だ。だが、豊かな人生に不可欠ではない」 三十年以上にわたる世界的な一流投資家へのインタビューを通じて明かされる、投資の極意と幸福の哲学のすべて。 世界的な一流投資家たちは、みなそれぞれ独自の信…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ