(※写真はイメージです/PIXTA)

2023年4月、長らく続いた揉み合い相場を上抜け、1990年以来の水準まで上昇した日経平均株価、今後も上昇トレンドの継続が予想される日本株について、特に恩恵を受けられるのはいったいどの銘柄なのでしょうか。近畿大学世界経済研究所の客員教授で投資家・ストラテジストの菅下清廣氏が、株高トレンド継続の根拠とともに、特におすすめの業種・銘柄を紹介します。

2023年は「新たな77年サイクル」の始まり

2022年に終わった77年サイクル。相場世界から見ると、2020年にはじまったコロナ禍が底を打ったのが2022年です。日本も世界も景気の底、株価の底を打った年。

 

2023年からは新たな77年サイクルがはじまり、スタート元年である2023年は、「令和維新」とも呼ぶべき年になるのかもしれません。ここから上昇し、夏前、あるいは夏以降本格的な上昇期に入る。それが、過去77年サイクルから見た私の大局観です。

 

新型コロナウイルスが日本を席巻しはじめた2020年3月19日、日経平均は1万6,358円をつけて相場は大底。

 

その後、株価は上昇。約1年後の2021年の2月、そして9月に株価は天井をつけてダブルトップ。そこから下げはじめて2022年3月に当面の底入れとなるも、底値圏での下落調整が続いて2022年にようやく本格的に底入れ。

 

そして2023年4月、新たな株高がはじまったというのが大まかな株価のサイクルです。

 

出典:菅下清廣氏の書籍『2023-2024 資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 日本株大復活』(実務教育出版)より
[図表]相場の転換期を迎えた日経平均株価 出典:菅下清廣氏の書籍『2023-2024 資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 日本株大復活』(実務教育出版)より

 

私は2020年3月、コロナショックの大底から3年後の2023年3月までには株価は底入れするだろうと予想していました。株価には2年半〜3年という時間のサイクルがあるからです。

 

より具体的にいえば、2022年6月~2023年3月あたりまでに、相場の転換点があると見ていた。そして、2023年4月以降、株価が上昇してくる可能性があると波動論から予測していたのです。

22年10月に起こっていた「相場大転換の予兆」

115円→150円台の急激な円安に“必ず何か起きる”と察知

株式市場が転換点に近づくと、ほぼ必ずといってよいほど予兆が起こります。相場に限った話ではなく、歴史を学べば必ずといっていいほど大きな出来事、時代の転換点となる予兆がイベントの前に起きています。

 

では現在の相場の動きの中で、予兆となるものは何だったのか。それは、2022年10月に起こった急激な円安(ドル高)です。

 

2021年末115円だった為替が、30%も円安に進んだ。150円台という円安になった。150円超は1990年以来32年ぶりの安値。間違いなく大転換の予兆です。これまでとまったく違うことが起きたからです。

 

私は、何かある。必ず何か起きると考えました。それまで長く円高基調であったのに、32年ぶりに150円台をつけたのです。

 

一般の投資家は、この予兆を見逃しがちです。ただ「すごい円安になった」と思うくらいで、株価や円ドル相場大転換の予兆だと察知できる人は少数でしょう。それがプロとアマの違いということかもしれません。

 

私はこの予兆によって、ひとつの出来事として、2023年4月以降は新しい株高の足音が聞こえてくるかもしれないとスガシタボイスで会員のみなさんに伝えていました。超円安は脱・デフレのサインだからです。波動論からもそれは裏づけられた。

 

2020年3月の底から数えて、2023年3月はちょうど3年目。日柄で、大回り3年の年でもあります。大回り3年で底入れとなれば、早ければ4月以降、株価は3万円台の高値をつけるかもしれない、そこに向かって動くのではないかと予測できました。

 

注目のセミナー情報

【事業投資】5月25日(土)開催
驚異の「年利50% !?」“希少価値”と“円安”も追い風に…
勝てるBar投資「お酒の美術館」とは

 

【国内不動産】6月1日(土)開催
実質利回り15%&短期償却で節税を実現
<安定>かつ<高稼働>が続く
屋内型「トランクルーム投資」成功の秘訣

次ページ円安で“大復活”した3つの業種

※本連載は、菅下清廣氏による著書『2023-2024 資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 日本株大復活』(実務教育出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

2023-2024 資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 日本株大復活

2023-2024 資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 日本株大復活

菅下 清廣

実務教育出版

ロシアのウクライナ侵攻によって石油・天然ガスなどエネルギー・素材価格が高騰。欧米では前年比10%超のインフレが続き、FRB(米国準備制度理事会)は利上げにかじを切った。 強硬な金融引締政策が行われた結果、コロナバブ…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録