現代人を苦しめる「家族の病気や介護」の問題

前回は、社会保障財政のバランスの崩れが深刻化する「2025年問題」について説明しました。今回は、現代人を苦しめる「家族の病気や介護」の問題について見ていきます。

社会保障と税の一体改革でより広がる在宅医療

膨らむ一方の医療費に加えて、こうした問題を防ぐために厚生労働省が打ち出したのが、社会保障と税の一体改革である「施設から在宅へ」という方針です。今後は在宅医療にシフトしていきますので、自宅で家族の誰かが中心になって高齢者の介護をするようになるのです。

 

国民生活基礎調査(2013年)によると、介護が必要になる主な原因は脳血管疾患や認知症、高齢による衰弱が上位を占め、介護まではいかないまでも介助が必要となる原因は関節疾患や高齢による衰弱、骨折や転倒が上位を占めています。

 

このデータからも、老化や生活習慣病が寝たきりや介護の背景にあることがわかるのではないでしょうか。したがって、皆さんが直接介護する側となり、またご自身が心疾患や脳血管疾患を患って介護される側になったときは、配偶者やお子さんに負担がかかってくるということです。

 

これからの10年間をどのように過ごすかが重要

さらに、介護している人の約7割が日常生活での悩みやストレスを抱えており、その原因の8割近くが「家族の病気や介護」だとされています。ご自身の病気や介護によるストレスは3割弱ですので、いかに自分の健康が二の次にされているかが見て取れます。

 

ご自身のことを顧みることが難しい状況のなか、ストレスを溜め込んだ皆さんの体は悲鳴を上げ、健康状態も悪化することでしょう。

 

したがって、これからの10年間をどのように過ごすかが、皆さんが将来、健康で生き生きと充実した老後が送れるかどうかの分かれ目になるといっても過言ではありません。

 

これまでの統計でも寝たきりになる原因の1位は脳血管疾患で、2位が認知症とされていることから、これらをいかに予防するかがカギとなります。それには、どのようにして体の酸化を食い止めるかにかかっているのです。

 

【図表 介護が必要となった主な原因】

 

本連載は、2015年6月10日刊行の書籍『「病気知らず」の体をつくるビール健康法』から抜粋したものです。記載内容は予防医学の観点からの見解、研究の報告であり、治療法などの効能効果や安全性を保証するものではございません。

「その他」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「健康」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載健康寿命を脅かす「体の酸化」のメカニズム

特定医療法人大坪会「小石川東京病院」院長 医学博士

1988年日本大学医学部卒業。専門は脊椎外科。医療連携・地域医療を重点的に行い、腰痛や高齢者医療についての講演も多数。平成23年より現職。高いレベルの脊椎手術と納得感のある丁寧な説明が、患者から信頼を得る。得意分野は脊椎手術全般、骨粗しょう症の治療。
海外文献にも豊富な知見をもち、イギリスで進むビールの健康効果に関する研究に注目。予防医学や健康に貢献するとして情報公開を積極的に進める。

著者紹介

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

「病気知らず」の体をつくる ビール健康法

大川 章裕

幻冬舎メディアコンサルティング

【ビールで病気を予防する!?】 ビールが老化や病気の原因となる「体の酸化」を防ぐ効果が高いと聞いたら驚く人は多いでしょう。しかし、ビールは古くから健康維持に用いられた歴史を持っており、近年ではその効果が科学的に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧