(※写真はイメージです/PIXTA)

「年収200万円以下」の人が「年収450万円」を目指すのと、「年収2000万円」の人が「年収1億円超」を目指すのではそのやり方は違う──そう語るのは、預金残高391円だったところから年収1億円、資産10億円となり、日本人のトップ1%に入る富豪となった末岡由紀氏。過去5万部のベストセラー本も著書に持つ。本稿では、投資のテクニックから資産配分の最適化まで記された末岡氏の著書『預金残高391円だった僕が資産10億円になれた お金の引力』より、以下一部編集・抜粋してお届けする。

平均年収を超えてからの原動力は「予算のついた夢」 

世の中には、「お金が集まる人」と「お金が集まらない人」がいる。

 

いつも潤沢にお金が流れ込んでくる人と、お金がさっぱり入ってこなくて干上がっている人。両者の違いはなんだろうか。

 

それは「お金の引力」を持っているか、持っていないかだと僕は思っている。

 

お金の引力を持っている人は、文字通り自分にお金を引き寄せる。そしてお金の引力は、誰でも高めることができるんだよ。

 

お金の引力の大きな元となるのが「夢」。

 

年収450万円を目標にしている段階なら、「現状を打破したい」「こんなチマチマした生活はもううんざりだ!」などという思いで突き進める。「やっていられるか!」という負のエネルギーを、お金を増やすエネルギーに変換できる。

 

しかし年収2000万円をめざす段階になると、それだけではエネルギーが足りなくなる。年収600万円〜1000万円に到達し、そこそこの生活ができるようになると、そこで満足してしまう人は少なくないからだ。

 

さらに上をめざすなら、「もっとお金が必要」という明確な理由がないとむずかしい。このとき大きな力となってくれるのが夢なんだ。

 

「なんとしてもこの夢をかなえたい」という思いは、誰にとっても大きなエネルギーになるからね。といっても、単に夢を持っているだけでは、お金の引力にはなりにくい。

 

なんの夢もないよりはマシだけれど、漠然と「もっと広い家に住みたい」「年に2回は家族で海外旅行に行きたい」などと思っているだけでは、お金を引き寄せることはできない。

 

大事なのは「夢に予算をつける」こと。

 

夢を実現させるには、いったいいくらくらいのお金が必要なのか。その金額を具体的に弾き出すんだ。

 

ちなみにこの原則は、年収2000万円をめざす段階に限ったことではない。年収5000万円、年収1億円と、さらに上をめざす場合も同じなんだよ。

 

夢というのは、それだけお金の引力の元となる。

 

たとえば僕の夢のひとつはワイナリーのオーナーになること。

 

今から約10年前、自分の会社を作り経済的な余裕が出てきた頃から、僕はワインを好んで飲むようになった。ワインには手頃なものから高級なものまでいくつもの種類があるが、だんだん高級ワインが好きになっていった。

 

飲む前の香り、飲んだときの口あたり、喉越し、飲み終わった後の余韻が安価なワインとは比べものにならないからだ。

次ページ著者が実際に立てた「夢の予算」

あなたにオススメのセミナー

    お金の引力

    お金の引力

    末岡 由紀

    サンマーク出版

    お金持ちの人とお金持ちではない人の“中身”はそう変わりません。 ずば抜けた才能や、恵まれた環境など関係なく、 お金持ちになることはできるのです。 では、お金持ちになった人は何をしたのでしょうか。 それは「お金の…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ