ケタ違いの金持ち…ウガンダ最大の富豪「首都建物の半分を所有」。新アパート群もすごい カンパラ市郊外のブコトにあるカビラ カントリークラブの近くにある新進のアパート(PML Dailyより)

ウガンダの政治や金融、テクノロジーなどに関する情報を、独自のレポートや論説を交えて届ける現地メディア『PML Daily』より翻訳・編集してお伝えする。

2023年における同国最大プロジェクトの一つ

ウガンダの首都・カンパラの建物のうち半分を所有していると言われている、同国最大の富豪、ルパレリア氏が代表を務めるルパレリアグループの不動産部門、クレインマネジメントサービスは、カンパラ市内の“不動産コレクション”として、カビラカントリークラブ内に、110k㎡にもなる350戸もの広大なアパートとホテル群を間もなく加える予定だ。経営陣によると、この施設は今年すぐに同カントリークラブの一部に追加され、国内随一の最大商業用地になる見込みだという。

 

カンパラ市郊外、ブコトにあるカビラカントリークラブの近くに位置するこの壮大なアパート群は、2023年、同国内最大のビジネスプロジェクトの一つとして、既にあるグループのホテルやアパートに間もなく加わる予定である。

広大な駐車場、マーケットプラザも

同グループは、国内における住宅の質を改善するための取り組みに大きく貢献していると広く評価されている。

 

今回のアパート、ホテル群は、広大な駐車場、カンパラ通りにあるカンパラブールバード、マーケットストリートにあるマーケットプラザ、コロロのワンペウォ通りにあるスピークアパートなど、同グループが所有・管理する他の物件に追加されるものだ。

 

カンパラをはじめ、ムコノ、ジンジャ、ムバレ、ムバララなどの主要都市に300を超える物件を持ち、進行中の不動産プロジェクトの数が最も多い同社は、カンパラにおける商業用地の所有数最大規模を誇る。

あなたにオススメのセミナー

    GGO(幻冬舎ゴールドオンライン)と提携するウガンダのオンライン・ニュース・サイト。ウガンダを中心とするアフリカ諸国の政治、金融、テクノロジーなどに関する情報を、独自のレポートや論説を交えて報じている。


    https://www.pmldaily.com/

    著者紹介

    連載ウガンダの現地メディアより、貴重な現地独自の情報を日本語訳でお届け!

    この記事は、GGOが提携するウガンダのメディア『PML Daily』が2023年1月1日に掲載した記事「Beautiful Kabira Country Club new 350-apartment project coming up soon」を翻訳・編集したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ