【銀行員のホンネ】不動産投資の融資審査…担当者が目を光らせる「重要ポイント」 (※写真はイメージです/PIXTA)

不動産投資で重要なカギを握るローン(融資)。投資額に対して何割まで借りられるのか、金利と返済期間はどれくらいか、金融機関ごとのスタンスの違いはどうか……書籍やネットではさまざまな情報が流れていますが、そうしたなかでぜひ参考にしたいのが、第一線で審査を行う融資担当者の見解です。今回は、担当者が審査で重視しているポイントについてお話を伺います。

融資の際に不可欠な「物件評価」…“DSCR”を重視

主に中古1棟アパートに融資している担当者。融資にあたって物件評価をどのように行っているのでしょうか。

 

「私たちの商品特徴の1つは、融資期間です。法定耐用年数をすでに経過した物件でも最長35年のローンが検討可能となります。なぜそうしたことが可能なのかといえば、土地、建物の積算価格といった担保評価額だけで物件をみるのではなく、”DSCR”をみているからです」

 

DSCRとは“Debt Service Coverage Ratio”の略で、「元利金返済カバー率」などと訳されます。1年間の純収益が年間のローン返済額(元金分と利息分の合計)の何倍あるかを計算したもので、1倍を下回ると借入を返済できない状態です。不動産投資では、DSCRは少なくとも1.2倍以上あることが望ましいとされます。

 

「DSCRは物件の稼ぐ力に着目したもので収益還元の考え方に近いですが、ローンとの関係を重視している点が収益還元とは異なります。

 

しかも、私たちがみるのは購入当初のDSCRだけでなく、想定される返済期間の最初から最後までです。さらに、金利については、実際の貸付金利ではなく審査基準金利(現在は3%)を適用し、空室率は最大25%まで想定します。そこまで厳しい条件でDSCRをみるからこそ、最長35年返済が検討可能となります。

 

また建物と設備については、原則として修繕することが前提となります。物件の状況によっては、建築の専門家によるインスペクションレポート(※)を確認しリフォームやメンテナンスが、適切に行われているかどうか確認します。もし適切に維持管理されていないようであれば、いくらDSCRが高くても融資はできません」

 

※ インスペクションレポート…住宅購入前に買い主側が行う物件調査(インスペクション)の結果が記載されたレポートのこと

 

そのほか、担当者の銀行ではフルローンは行っておらず、総事業費(物件価格+購入諸費用)の10~20%自己資金を入れてもらうのが基本だといいます。

 

「投資家のなかにはフルローンにこだわる人もいらっしゃいますが、自己資金を投入してもその分を運用しているという理解が正しいと思います。そもそも貸家業というビジネスには、さまざまな不確定要素があるものです。それをヘッジする意味でも、フルローンではなく1~2割程度の自己資金を入れておくほうが健全です。多少空室が発生しても慌てずにすみます」

 

なお、担当者が融資相談やセミナーでよく投資家にアドバイスするのは、物件を購入したら、建物や設備の修繕記録(見積書、仕様書、施工前後の写真など)をきちんと取っておくこと。そうした記録がきちんとあることで、将来売却するとき買い手に安心感を持ってもらうことができるといいます。

 

<<<<<「アパート経営」についてもっと知りたい人はコチラ>>>>>

あなたにオススメのセミナー

    アパート経営オンラインは、堅実・健全な不動産賃貸経営業をナビゲートする情報メディアを目指し、既に不動産を経営されている方、初めて行う方に向けてお届けするサイトです。
    様々なことに向き合い、改善するきっかけとなりますようアパート経営オンラインでは、成功事例や失敗事例を交え、正しい不動産の経営方法をお伝えいたします。

    詳しくはこちら

    著者紹介

    連載入口戦略から出口戦略まで完全網羅「堅実なアパート経営」のススメ

    本記事は『アパート経営オンライン』内記事を一部抜粋、再編集したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ