(※画像はイメージです/PIXTA)

米ドル高・円安が続くなか、先週の米ドル/円は145円寸前から一時は141円台まで急反落しました。こうした荒い値動きから先行き不透明な米ドル/円相場ですが、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏は「1ドル145円を上抜けることは当面ない」と予想します。それはなぜか、詳しくみていきましょう。

あなたにオススメのセミナー

    あなたにオススメのセミナー

      9月FOMCでの「0.75%利上げ説」再燃

      それでは、再び140円を下回り、米ドル安・円高に大きく戻すかといえば、その可能性も低いのではないでしょうか。米ドル/円は米金利、とくに金融政策を反映する米2年債利回りなどと高い相関関係が続いてきました。

       

      FRB(米連邦準備制度理事会)が大幅利上げを続ける方針を示すなかでは、米2年債利回りの低下も限られると考えられることから、その影響を受けやすい米ドルも、これまで述べてきた「上がり過ぎ」の反動を超えたさらなる下落は限られるのではないでしょうか。

       

      米金融政策については、21日のFOMC(米連邦公開市場委員会)が迫るなかで、先週後半から3回連続の0.75%利上げを支持する意見が目立ってきた印象があります。これには先週後半にかけて株価が反発した影響もあったのではないでしょうか。

       

      インフレ是正を目指すFRBは、その障害になる要因の排除も強く意識している可能性があります。そういった観点からすると、株高は資産効果を通じ消費者心理を改善させ、需要の拡大により、インフレ改善の障害になりかねないとして、FRBも懸念している可能性があります。

       

      21日のFOMCにかけて、0.75%利上げの可能性が高まるようなら、FOMC後に政策金利であるFFレートの上限は3.25%まで引き上げられる見通しとなります。

       

      そうであれば、FFレートを参考に変動する米2年債利回りの低下余地は一段と狭まる見通しとなるでしょうから、それに連動する米ドル/円の反落も限られる可能性が高くなるでしょう。

       

      先週の米ドル/円最大値幅も5円近くに達するなど、依然として高いボラティリティ、要するに良く動く展開が続いています。その意味では、今週の米ドル/円も5円程度のレンジを想定する必要があるでしょうから、139.5~144.5円のレンジを中心とした展開を予想したいと思います。

       

       

      吉田 恒

      マネックス証券

      チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティFX学長

       

      ※本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は筆者の個人的な見解を示したものであり、筆者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、筆者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

       

       

      【関連記事】

      税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

       

      年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

       

      夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

       

      恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

       

      親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

       

      「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

      あなたにオススメのセミナー

        人気記事ランキング

        • デイリー
        • 週間
        • 月間

        メルマガ会員登録者の
        ご案内

        メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

        メルマガ登録
        TOPへ