日米の差は一目瞭然…「家計における金融資産の規模」ここまで引き離された原因は?【プロが解説】

本記事は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するマーケットレポート『なるほど!ザ・ファンド』を転載したものです。

日本の家計金融資産、約半分は「現金・預金」

デフレ環境下では、「現金・預金」の保有が有利ですが、物価上昇(インフレ)局面では、「現金・預金」以外の資産に目を向ける必要があります。

 

日本の家計金融資産(2020年3月末時点)は約1,800兆円に上ります。そのうち、50%超が「現金・預金」であるのに対し、「株式・投資信託」の割合は14%程度(図表1)となっています。デフレ環境下では、資産を現金・預金にとどめておくことが選択肢の一つでしたが、物価上昇が意識される局面では、物価上昇に対抗する⼿段の一つとして、株式や投資信託などのリスク資産に目を向ける必要があります。

 

なお、米国の家計金融資産では、「現金・預金」が約13%である一方、「株式等・投資信託」の割合は約46%に上ります。日米の家計における金融資産の規模は、近年大きく差が出る結果(図表2)となっていますが、金融資産の構成比、特に、株式や投資信託といったリスク資産の割合の違いが要因の一つと考えらえます。

 

◆家計の“資産構成の違い”が資産規模拡大の差に影響(図表参照)

(注)データは2019年3月末現在。 (出所)日銀「資金循環の日米比較」のデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
[図表1]日米の家計資産構成(金融資産に占める割合) (注)データは2019年3月末現在。
(出所)日銀「資金循環の日米比較」のデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

 

(注)データは2000年9月末~2019年12月末。 (出所)日銀およびFRB(米連邦準備制度理事会)のデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
[図表2]日米の家計金融資産の推移 (注)データは2000年9月末~2019年12月末。
(出所)日銀およびFRB(米連邦準備制度理事会)のデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『日米の差は一目瞭然…「家計における金融資産の規模」ここまで引き離された原因は【プロが解説】』を参照)。

 

あなたにオススメのセミナー

    私たちは運用・調査・営業など多様なバックグラウンドを持ったプロフェッショナル集団で、主に公募投資信託に関連する各種資料の作成および資産形成を推進するコンテンツ開発・情報発信などを行っています。これからも最高品質の運用情報サービスを提供できるようチーム一人ひとりが能力を最大限発揮し、すべての人のQuality of Lifeの向上に貢献してまいります。

    著者紹介

    連載なるほど!ザ・ファンド/三井住友DSアセットマネジメント

    【ご注意】
    ●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
    ●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
    ●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
    ●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
    ●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
    ●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
    ●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ