止まらない物価上昇&減り続ける年金「この先、どうやって暮らしていけば…」【CFPが解説】

長年にわたるデフレに慣れ切った私たちの生活は、ここ1年弱で状況が一変。急速なインフレに翻弄されています。とくに年金を生活原資とする高齢者たちは大変です。年金への物価の反映にはタイムラグがあり、現状ではむしろ減額されているなど、高齢者はWパンチです。いったいどうしたらいいのでしょうか。

2022年の消費者物価指数から読む「物価上昇の実情」

「年金が振り込まれた通帳をみたら、年金額が減ってたんです! 年金額は物価の変動に連動するんじゃなかったでしたっけ? 最近こんなにいろいろな物の値段が上がっているのに…これ以上何を切り詰めていけば…」

 

そう語るのは、年金で老後生活を送っているAさん。

 

最近、物価の上昇がよく話題になります。スーパー等へ買い物に行くと、いろいろなモノの価格上昇を実感するのではないでしょうか。

 

さて、実際に物価がどれぐらい上がっているか、2022年の消費者物価指数を見てみましょう。

 

1月:0.5%、2月:0.9%、3月:1.2%

4月:2.5%、5月:2.5%、6月:2.4%

 

[図表1]2022年消費者物価指数

 

これまでもじわじわと物の値段は上がっていましたが、多くの方がモノの値段が一層高くなったと実感し始めたのは、4月頃だと思います。それを反映する様に、4月からの上昇率が高くなっていますね。

 

それに対して、働いている方が受取るお給料はというと、2021年の発表では1.84%上昇したようです※1

 

※1 2021年春季労使交渉・大手企業業種別妥結結果(加重平均)

 

また、商工リサーチのアンケート結果よると、2021年は大企業の74.1%、中小企業の64.8%が「賃上げを実施する」と回答しています※2

 

※2 2021年度「賃上げアンケート」調査:東京商工リサーチ(tsr-net.co.jp)

 

物価の上昇には追い付きそうにありませんが、働いている方が受取るお給料は、少しですが増えていく予定です。

 

一方、リタイア世代が受取る年金はどうなっているかというと、2022年度はなんと0.4%減っています。

 

実際の年金額は、国民年金を満額受取れる方で、2021年度は65,075円(月)もらえていたのに対し、2022年度は64,816円(月)と、毎月259円少なくなりました。259円なんて微々たるものと思われるかもしれませんが、年金だけで生活している方からすると、見過ごせない問題です。ただでさえ物価が上がっているのに「これ以上なにを節約したらいいのか…」と、頭を悩ませているなかでの年金の減額なのです。

 

「年金額は物価の変動に連動するのでは?」と思われた方、正解です。正確には、公的年金は物価上昇率、もしくは賃金上昇率のどちらか小さいほうに連動する仕組みになっています。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

ヨージック・ラボラトリー合同会社 CFP
証券外務員1種
愛玩動物飼養管理士

新卒で証券会社に入社しリテール営業を経験。
その後、生命保険会社の法人営業、教育部門、営業推進部門を経て、2022年にヨージック・ラボラトリー合同会社の業務執行社員となる。
証券会社・生命保険会社という金融機関での勤務を通じて、個人個人への金融リテラシー教育の重要性を実感。金融知識を分かりやすく発信するとともに、生命保険募集人向けの営業支援ツールの制作を行っている。

ヨージック・ラボラトリーHP
https://yozhik-labo.com/

著者紹介

連載CFPが解説!「日本の老後資金」問題を考える

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ