世界の二大観光国「フランス」「スペイン」…グローバル投資のプロが語る“実情” (※写真はイメージです/Pixabay)

世界の観光産業が回復の兆しを見せています。国連世界観光機関(UNWTO)の「世界観光指標」によると、2022年第1四半期における世界の旅行者数は、対前年同期の約3倍。地域別ではヨーロッパは対前年同期で約4倍と、最も大きな伸びを見せました。外国人観光客を惹きつける国には、何があるのか。ヨーロッパ株を中心に欧米株に精通した上野一成氏(キャピタル アセットマネジメント株式会社 ファンドマネージャー)が、二大観光大国「フランス」「スペイン」を例に解説します。運用者の目線から、実体験を交えつつ世界のツーリズム業界の動向を見ていくことで、資産運用の参考になるかもしれません。

世界第1位の観光大国、フランス

■いまや「現代アートの街」だが…人気観光地・ナントの変遷

筆者の国際経験は、フランス西部ロワール地方の最大都市ナントで始まりました。ナントは、1598年にフランス王アンリ4世がプロテスタントの信仰を認めた勅令を発布した都市として知られています。

 

ここはまた、フランスの小説家ジュール・ヴェルヌ(Jules Verne)の生誕の地としても有名です。『海底二万里』(Vingt mille lieues sous les mers)や『八十日間世界一周』(Le Tour du monde en quatre-vingts jours)の作品で知られる彼は、SF作品のパイオニア的な存在として語られることが多いのですが、彼のテーマは“旅”だったのではないでしょうか。当時から交易が盛んであったロワール河畔の港で、行き交う商船をみながら想像力を膨らませていったと筆者は考えています。

 

ジュール・ヴェルヌが見た港も近代化が進みました。ロワール河口の隣町サン・ナゼールと合わせナント-サン・ナゼール港(Le port de Nantes Saint-Nazaire)と呼ばれる巨大な港湾基地を形成し、貨物取扱量ではフランス第4位のコンテナターミナルに成長しています。

 

[図表1]フランス西部ロワール地方(地図)

 

かつて、パリ-ナント間を特急列車“ジュール・ヴェルヌ号”が走っていました。日本風に言うと在来線特急だったのですが、高速鉄道網の整備が進み、TGV高速鉄道(Train à Grande Vitesse)が、これに取って代わりました。1998年の夏にナントを訪れる機会があったのですが、その時にはすでにその姿はなく、ナント駅(Gare de Nantes)の駅舎も近代的なターミナル駅へと変貌を遂げていました。昔の面影はまったく感じられず、鉄道ファンとして寂寥感に襲われたのを覚えています。

 

その後、筆者は米国、英国、カナダと海外生活をすることになるのですが、初めての外国暮らしがフランスであったこともあり、自身は“フランス贔屓”(Francophile)だと感じることがよくあります。これが良くも悪くも、グローバル投資という筆者の仕事の中にも知らず知らずのうちに出現しているようです。

フランスに次ぐ世界第2位の観光大国、スペイン

筆者には、旅行・観光関連企業のリサーチをする上で欠かせないパートナーがいます。スペインのバルセロナを本拠地とするGVC Gaesco社の仲間たちです。なかでも、国際営業部長のサンティアゴ・バスケス氏(写真1)は、いつも的確な情報をタイムリーに提供してくれる筆者にとって最も頼りになる“相棒”です。

 

[写真1]GVC Gaesco社 サンティアゴ・バスケス氏

 

スペインは、フランスに次ぐ世界第2位の観光大国です(図表2)。国家を挙げて観光業に力を入れており、国際観光客到着数の推移のグラフ(図表3)も見ていただくとわかるとおりフランスを猛追しています。

 

※フランスは2018年のデータ 出所:国連世界観光機関(UNWTO)
[図表2]2019年 国際観光客到着数 ※フランスは2018年のデータ
出所:国連世界観光機関(UNWTO)

 

出所:国連世界観光機関(UNWTO)のデータを基にキャピタル アセットマネジメントが作成
[図表3]国際観光客到着数の推移 出所:国連世界観光機関(UNWTO)のデータを基にキャピタル アセットマネジメントが作成

 

スペインの“お家芸”ともいうべきツーリズムについて思うところを、バスケス氏が語ってくれたことがあります。彼にとってツーリズムとは、自身の休暇というより、訪問者を受け入れる側としてのイメージのほうが強かったようです。米国の小説家アーネスト・ヘミングウェイが、スペイン北部の町パンプローナを初めて訪れたのは、1923年のことでした。カナダの二大全国紙の一つであるトロント・スターに勤めていた彼は、レポーターとして訪れたこの町で、サン・フェルミン(San Fermines)の牛追い祭りに圧倒され、この祭りをテーマに小説を書き上げました。それが、“The Sun Also Rises”『日はまた昇る』です。

 

[図表4]スペイン(地図)

 

■映画のロケ地、引退後の移住先としても人気

スペインはまた、映画のロケ地としても有名です。『続・夕陽のガンマン』、『ドクトル・ジバゴ』、『パットン大戦車軍団』、『アラビアのロレンス』といった名作がスペインで撮影されています。なぜ、スペインは映画のロケ地に最適なのでしょうか。バスケス氏は、スペインの気候と景観の良さを理由に挙げています。太陽、海岸線、山岳地帯といった自然の景観に加え、古代ローマ遺跡などの歴史的遺産も備わっています。映画の撮影には打って付けの場所だったのでしょう。

 

映画産業にとって魅力のある国は、外国人観光客を惹きつける力もあります。スペインが、外国人観光客の誘致に注力し始めたのは1960年代のことです。内戦や第二次世界大戦の傷が未だ癒えず、脆弱な経済に喘いでいたころ、これを打破しようと、自然の景観を売り物に外国人観光客誘致キャンペーンを展開していったのです。そしていつしか観光政策が経済政策の柱になりました。

 

ヨーロッパ人を惹きつけるには、太陽と海岸があれば十分だったようです。英国人、ドイツ人、オランダ人、フランス人たちが、バカンスでスペインに押し寄せるようになりました。同時に、海岸沿いに多くの建物が建ち始めました。物件を求めるヨーロッパ人の増加を見込んだものです。彼らの多くは、引退後のスペイン移住を計画して物件を購入していたのです。スペインを移住先に選んだヨーロッパ人は、英国人がトップで、ドイツ人、オランダ人と続きました。

ヨーロッパ人が太陽を求める理由

■欧州人にとって“生活上必要不可欠”なバカンス、その原点でもある?

では、なぜ引退後の移住先としてスペインは人気があるのでしょうか。バスケス氏が、興味深い話をしてくれました。スペインの天候とヨーロッパ人の健康が大いに関係しているというのです。加齢とともに骨密度は低下します。骨粗鬆症を発症するリスクが高くなるのです。骨密度の低下を予防するには、カルシウムの吸収を高める必要があります。カルシウムの吸収を促進する栄養素はビタミンDです。そして、ビタミンDの生成のためには日光の照射が欠かせないのです。すなわち、骨密度の低下予防には、日光浴が必要だという論理が成り立つことになります。

 

英国の年間日照時間は1,400時間程度、ドイツやオランダは1,600~1,700時間ですが、スペインの年間日照時間は、およそ倍の3,000時間と言われています。健康維持がスペイン移住の理由ということなのでしょう。これが、バカンスの原点だったのではないでしょうか。バカンスに出かけた人は、体調が良くなっていることに気づいたのでしょうか。以来継続し、バカンスが文化として根付いていったという仮説も面白いのではないでしょうか。当初は、肉体的な健康の増進であったものが、人間が本来もっている好奇心をも満たしてくれたことから、精神面でのリフレッシュにも繋がり、“生活上不可欠なもの”に成長していったような気がします。

 

GVC Gaesco社の面々は愛国心が旺盛です。彼らは特段そう思ってはいないかもしれませんが、一緒に仕事をしていると、至るところにそれが見え隠れしているのです。反対に、筆者がフランス贔屓(Francophile)であることを彼らは熟知しているようです。愉快なことに、フランスとスペインという観光大国のせめぎあいは、われわれの銘柄選択の場にまで及んでいるのです。正しく、切磋琢磨しながら運用力を磨き上げているといった感じです。

 

『コロナ禍における「世界のツーリズム業態」の動向』の連載も、これが最終回となります。各業界とも逆風を巧みに乗り切ってきたことをご紹介してまいりました。コロナ禍に遭っても、政府、旅行・観光に携わる各業界、そしてバカンシエ(休暇をとる人)が一体となって、文化としてのバカンスを守り抜こうとする強い心意気を感じていただけたのであれば、幸甚の至りに存じます。

 

最後に、拙稿にお付き合いくださいました読者の皆さまと今回連載の機会を与えてくださいました株式会社幻冬舎ゴールドオンラインの皆さまに心より御礼を申し上げ、筆をおくことといたします。

 

 

上野 一成

キャピタル アセットマネジメント株式会社

運用本部 株式運用部 シニアポートフォリオマネージャー

 

\設立10年 会員数10,500名突破!/
富裕層が資産家であり続けるための無料会員組織
カメハメハ倶楽部とは?

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

【8/20開催】フランス旧貴族だけが知っている!「ワイン投資」の秘密に迫る

 

【8/21開催】日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【8/21開催】米ドルで投資可能!「モンゴル」不動産の最新事情

 

【8/23開催】沖縄、横田、三沢基地...「米軍住宅」マーケット動向と投資の進め方

 

【8/24開催】複雑で失敗事例も多い「相続放棄」/手続きの進め方など解説

 

【8/25開催】相続税の税務調査の実態と対処方法

 

【8/26開催】「全額損金タイプ」はまだ使える!?「法人向け保険」の最新活用術

キャピタル アセットマネジメント株式会社 運用本部 株式運用部 シニアポートフォリオマネージャー

業界在籍年数33年、うち運用経験年数25年。神戸大学法学部卒業、ボストンカレッジMBA取得。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。1986年大和證券。1991年東海銀行で国内債券運用を担当。その後東海投信投資顧問にてグローバル債券・外国株式などを経験。現在はキャピタル アセットマネジメントで「世界ツーリズムファンド(愛称:世界の旅)」を運用。

著者紹介

キャピタル アセットマネジメント株式会社は2004年に発足した中堅の運用会社です(写真:代表取締役社長・山崎年喜氏)。

ベトナム、フィリピン、アセアン諸国などの新興国市場・企業の株式に投資するファンドを運用し、中でもベトナムの株式運用については第一人者であると自負しています。

弊社の運用チームは、独自の運用手法とグローバルな情報ネットワークを駆使しており、弊社はクオリティーの高い商品の提供に努めております。投信業界初の公募投信ESG(環境・社会・ガバナンス)日本株ファンドの運用を2017年に、日本ではあまり前例のない世界ツーリズム株式ファンドの運用を2019年に開始しております。

私共キャピタル アセットマネジメントは中堅ながらもユニークで存在感ある会社となるべく、付加価値の高い商品を研究し、受益者の皆様の運用ニーズにお応えすると共に、資産運用業界の発展に貢献出来るよう努力して参ります。

著者紹介

連載コロナ禍における「世界のツーリズム業態」の動向

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ