〈コロナ禍のホテル業界〉株価急落後「米国系チェーンが好転して、欧州系は低迷した」背景 (※写真はイメージです/PIXTA)

コロナ禍は、世界の観光産業にどのような影響をもたらしたのでしょうか? 本稿では「欧米のホテル業界」について、ヨーロッパ株を中心に欧米株に精通した上野一成氏(キャピタル アセットマネジメント株式会社 ファンドマネージャー)が解説します。運用者の目線から、事例を交えつつ世界のツーリズム業界の動向を見ていくことで、資産運用の参考になるかもしれません。

今の時代、「寝泊まりする方法」はたくさんあるが…

国連世界観光機関(UNWTO)は、一年未満のビジネス、レジャーおよびその他のあらゆる目的で訪問地を一泊以上滞在した者を観光客と定義しています。このカテゴリーに入るには、目的地での“一泊”以上の滞在が必要になるわけですが、「“泊まる方法”は?」と聞かれて真っ先に思いつくのは何でしょうか。

 

他人との濃厚接触を避けてバカンスを楽しみたいというニーズの高まりに応え、飛躍的に需要を伸ばしたキャンピングカーもそのひとつです。もう少し安くということであれば、ネットカフェもあります。無料でというニーズには空港のベンチが応えてくれます。しかし、一番の大役を担ってくれるのはホテルなどの宿泊施設です。今回は、コロナ禍のホテルにスポットを当てます。

米国系ホテルか、欧州系ホテルかで株価推移に顕著な差

まず、図表1で欧米の代表的なホテル銘柄であるフランスのアコーと米国のヒルトン・ワールドワイドの株価の推移をみてみましょう。

 

期間:2020年1月~2022年5月 出所:Bloombergの情報を基にキャピタル アセットマネジメント(CAM)が作成
[図表1]ホテル銘柄株価推移 期間:2020年1月~2022年5月
出所:Bloombergの情報を基にキャピタル アセットマネジメント(CAM)が作成

 

ご覧の通り、株価の推移には顕著な違いが見られます。両銘柄とも2020年3月に急落しました。その後の推移については、ヒルトン・ワールドワイドが順調に右肩上がりで回復し、コロナ前の水準を超えて推移しているのに対し、アコーの株価は上げ下げを繰り返し、コロナ前の水準には未だ達していません。この違いはどこから来るのでしょうか。

 

コロナ禍の中にあっても生活上必要不可欠なバカンスを守るため、欧州各国は規制に強弱を設けていました。おそらく、このような文化的な背景に起因するのではないかと考えています。これから検証を試みたいと思います。

バカンスに向けた「規制水準の変更」が裏目に出た欧州

図表2は、政府による規制措置の厳格度を指数化したものです。フランス、米国ともに新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた2020年2月末から3月にかけて、規制強化を押し進めたことがわかります。その後は、米国が規制の厳格度をほぼ一定に維持しているのに対し、フランスはダイナミックにしかも頻繁に規制の厳格度を変更しています。

 

期間:2020年1月~2022年4月 出所:GVC Gaesco社の資料
[図表2]規制措置の厳格度指数 期間:2020年1月~2022年4月
出所:GVC Gaesco社の資料

 

数字でみるとより明らかです。2020年1月~2022年4月の期間、規制の厳格度の平均をみると、フランスが57.61、米国が56.72で、特に際立った違いは見られません。しかし、標準偏差をみると、フランスが15.68、米国が7.28で、フランスが米国の倍以上となっており、フランスのほうが米国よりも規制の強弱変化が激しいことがわかります。

 

欧州のバカンスシーズンは5月に始まります。それまでにできる限り規制を強化して、新型コロナウイルスの感染を抑え込み、バカンスシーズン前には規制を緩和すること、それが欧州各国の政府に課せられた責務です。フランス政府は、世界一の観光大国として、率先してその任務にあたっていたことがデータからも窺い知ることができます。

 

企業にとってはどうでしょうか。規制措置の水準が一定であるほうが、経営戦略を立てやすいのではないかと考えられます。たとえば、宿泊客数が一定数減少するとわかっていれば、客室料を維持するため提供する客室数を前もって減らしておくことができます。また、そうすることによって人件費も削減できます。加えて、使わない部屋を将来のために改装することもできるのです。

 

では反対に、規制措置の強化と緩和が繰り返される場合はどうでしょうか。宿泊客数の減少を見越して、提供する客室数を減らしたり、従業員を解雇したりすることはできます。しかし、規制緩和時の宿泊客数の増加に速やかに対応することは困難になります。従業員の雇用に時間がかかるからです。従業員の雇用が追い付かず、収益機会を逃す可能性はかなり高いと言えます。規制緩和後の需要拡大に対応するには、あらかじめ従業員を確保しておくか、あるいは賃金を上げて他社よりも早くスタッフを確保する必要があります。いずれにしても、収益圧迫要因となります。

 

欧米を代表するホテル銘柄で稼働客室利用率と平均客室料を比較してみましょう(図表3・4)。

 

出所:Bloombergの情報を基にキャピタル アセットマネジメント(CAM)が作成
[図表3]稼働客室利用率 出所:Bloombergの情報を基にキャピタル アセットマネジメント(CAM)が作成

 

*2019年第4四半期の平均客室料を100として指数化 出所:Bloombergの情報を基にキャピタル アセットマネジメント(CAM)が作成
[図表4]平均客室料*の推移 *2019年第4四半期の平均客室料を100として指数化
出所:Bloombergの情報を基にキャピタル アセットマネジメント(CAM)が作成

 

稼働客室利用率は、ヒルトン・ワールドワイドがアコーを平均で10%以上上回っています。また、平均客室料について、新型コロナウイルスの感染拡大時の下落率を比較すると、アコーの下落率のほうが大きくなっています。これは、フランス政府が、規制の厳格度を大幅に引き上げ、客室需要が減少したためと考えられます。データの上では、米国を拠点とするホテルのほうが、欧州を拠点とするホテルよりも市場環境は良好であったと言えるかもしれません。

 

米国のホテルはまた、有利な環境を利用して、客室の稼働率を巧みに調整し、効率的な人員計画を立てて、収益の最適化を図っていたと考えられます。一方、欧州のホテルにとっては、規制の水準が一定ではなかったため、米国のホテルが採ったような戦略を立てにくかったと考えられます。その差が、株価の推移に反映したのでしょう。

 

そもそも、欧州各国政府による規制水準の変更は、バカンシエに便宜を図ることが最大の目的であったと考えられますが、皮肉なことに、そのため欧州のホテルは少し後塵を拝してしまいました。2022年3月14日、フランスの規制は大幅に緩和され、米国をはるかに下回る水準となりました。米国のホテルの安定性もさることながら、今後は欧州のホテルの巻き返しにも期待しています。

プラザホテルを運営するフェアモントも、アコーの傘下

筆者の青春の2ページ目を飾ったのは、米国での学生生活でした。卒業を控え、就職活動で各地を飛び回っていたとき、ニューヨークのプラザホテルに滞在したことがありました。プラザホテルは、アコーの最高級ブランドのひとつであるフェアモントが運営するホテルで、学生がそうそう頻繁に泊まれるホテルではなかったのですが、就活イベントがそのホテルで開催されたこともあり、利便性を考えて1日だけ贅沢をさせてもらったのです。

 

ご存じの方も多いかと思いますが、1985年9月、先進5ヵ国(日・米・英・独・仏)蔵相・中央銀行総裁会議が開催され、ドル高の是正に向けて協調して行動を執ることが合意されました。いわゆるプラザ合意です。金融理論を専攻していた筆者も、一度このホテルに宿泊したいと思っていたこともあり、就活にかこつけて、かねてからの願いを実現させた瞬間でもあったのです。

 

卒業後は、ポートフォリオマネジャーとなりました。グローバル運用を任されることが多く、為替相場と格闘を続けて現在に至っています。その後、プラザホテルを訪れていないのですが、次回滞在の折はもう少しのんびりとした休日を過ごしたいと思っています。

 

 

上野 一成

キャピタル アセットマネジメント株式会社

運用本部 株式運用部 シニアポートフォリオマネージャー

 

\設立10年 会員数10,500名突破!/
富裕層が資産家であり続けるための無料会員組織
カメハメハ倶楽部とは?

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

【8/20開催】フランス旧貴族だけが知っている!「ワイン投資」の秘密に迫る

 

【8/21開催】日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方

 

【8/21開催】米ドルで投資可能!「モンゴル」不動産の最新事情

 

【8/23開催】沖縄、横田、三沢基地...「米軍住宅」マーケット動向と投資の進め方

 

【8/24開催】複雑で失敗事例も多い「相続放棄」/手続きの進め方など解説

 

【8/25開催】相続税の税務調査の実態と対処方法

 

【8/26開催】「全額損金タイプ」はまだ使える!?「法人向け保険」の最新活用術

キャピタル アセットマネジメント株式会社 運用本部 株式運用部 シニアポートフォリオマネージャー

業界在籍年数33年、うち運用経験年数25年。神戸大学法学部卒業、ボストンカレッジMBA取得。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員。1986年大和證券。1991年東海銀行で国内債券運用を担当。その後東海投信投資顧問にてグローバル債券・外国株式などを経験。現在はキャピタル アセットマネジメントで「世界ツーリズムファンド(愛称:世界の旅)」を運用。

著者紹介

キャピタル アセットマネジメント株式会社は2004年に発足した中堅の運用会社です(写真:代表取締役社長・山崎年喜氏)。

ベトナム、フィリピン、アセアン諸国などの新興国市場・企業の株式に投資するファンドを運用し、中でもベトナムの株式運用については第一人者であると自負しています。

弊社の運用チームは、独自の運用手法とグローバルな情報ネットワークを駆使しており、弊社はクオリティーの高い商品の提供に努めております。投信業界初の公募投信ESG(環境・社会・ガバナンス)日本株ファンドの運用を2017年に、日本ではあまり前例のない世界ツーリズム株式ファンドの運用を2019年に開始しております。

私共キャピタル アセットマネジメントは中堅ながらもユニークで存在感ある会社となるべく、付加価値の高い商品を研究し、受益者の皆様の運用ニーズにお応えすると共に、資産運用業界の発展に貢献出来るよう努力して参ります。

著者紹介

連載コロナ禍における「世界のツーリズム業態」の動向

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ