資産運用 外国為替 米国株投資戦略
連載国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略【第95回】

FOMC後の気になる動き…2009年から続いた「米株上昇トレンド」終焉の可能性【国際金融アナリストが解説】

6/21~6/27の「FX投資戦略ポイント」

FX投資投資戦略米国景気

FOMC後の気になる動き…2009年から続いた「米株上昇トレンド」終焉の可能性【国際金融アナリストが解説】 (※画像はイメージです/PIXTA)

6月15日(現地)のFOMCを挟んで、荒い値動きとなっていた米ドル/円。また、FOMC後には米金利の急低下のほか、NYダウがおよそ2年半ぶりに30,000ドルを割り込むなど、景気の先行きを懸念する声もあがっています。2009年から続いた、長期の「米株上昇トレンド」は終焉を迎えたのか……マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が考察します。

「6/21~6/27のFX投資戦略」のポイント

<ポイント>

・米ドル、米金利とも、短期的な「上がり過ぎ」懸念の強い状況が続いている。その意味では、今週も先週と同様に、132~136円中心に上下ともに振れやすい荒い展開が続きそう。

上下ともに大きく動いた米ドル/円

先週の米ドル/円は米ドル高値を更新、135円台半ばまで上昇しましたが、注目されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の後には一時131円台まで急反落となるなど、上下ともに振れの大きい荒い展開となりました(図表1参照)。

 

(出所:マネックストレーダーFX)
[図表1]米ドル/円の日足チャート(2022年3月~) (出所:マネックストレーダーFX)

 

このように荒い値動きとなった米ドル/円でしたが、基本的には日米金利差、とくに米金利に連動することが大きく変わったわけではありませんでした(図表2参照)。

 

15日のFOMCで、事前に予想されていたとはいえ、1994年以来の0.75%もの大幅利上げが決まったにもかかわらず、上述のように米ドルは一時急反落となりましたが、それは米金利が一時大きく低下したことに連れた結果だったでしょう。

 

(出所:リフィニティブ社データをもとにマネックス証券が作成)
[図表2]米ドル/円と米2年債利回り(2022年3月~) (出所:リフィニティブ社データをもとにマネックス証券が作成)

 

以上からすると、この先の米ドル/円の行方は、引き続き米金利の動きがカギになりそうです。その米金利、たとえば米2年債利回りの90日MA(移動平均線)かい離率は17日現在でプラス50%程度となっており、一時ほどではないものの、なお短期的な「上がり過ぎ」懸念の強い状況が続いているようです(図表3参照)。

 

(出所:リフィニティブ社データをもとにマネックス証券が作成)
[図表3]米2年債利回りの90日MAかい離率(2010年~) (出所:リフィニティブ社データをもとにマネックス証券が作成)

 

また米ドル/円の90日MAかい離率も、17日現在でプラス9%程度となっており、こちらも短期的な「上がり過ぎ」懸念が強い状況にあるようです(図表4参照)。

 

(出所:リフィニティブ社データをもとにマネックス証券が作成)
[図表4]米ドル/円の90日MAかい離率(2000年~) (出所:リフィニティブ社データをもとにマネックス証券が作成)

 

以上のように見ると、米金利、米ドルともに、さらにどんどん上がるというより、「上がり過ぎ」の反動も入るリスクがあるため、今週も先週と同様に、132~136円のレンジ中心に、上下に振れやすい展開が続く可能性が基本的には高いのではないでしょうか。

 

マネックス証券  チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なっている。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務めた。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

【動画で解説】吉田 恒の為替ウィークリーセミナー
毎月恒例 米雇用統計セミナー

著者紹介

連載国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ