「米国株の暴落」以上に「日本株の凋落」が心配される理由

コロナ禍からの回復で、右肩上がりだった米国株が、このところ連日、下落を繰り返しています。しかし米国株以上に、日本株のほうが危機的であるという声が聞こえてきます。なぜなのでしょうか。みていきましょう。

米国株の「暴落」の影で……

米国株の大幅な下落が連日報じられています。コロナ禍以降、金融緩和の恩恵を受けて右肩上がりだった相場に慣れてしまった人からすると、「暴落」と言える状況かもしれません。

 

一方で、長年相場を見続けてきたベテラン投資家からすれば、これは単なる調整の範囲内。それほど驚くような動きでもありません。長引くウクライナ危機、歴史的と言われるインフレ、そして先日のFedの利上げ発表などの材料を鑑みれば、ありえる範囲の値動きと言えるのではないでしょうか?

 

それよりも、筆者が心配しているのは日本株の凋落ぶりです。というと、「米国株が下がってるんだから当たり前だろ!」という声が聞こえてきそうです。

 

たしかに、日本株は米国株に長年ピタリと連動し、「コピー相場」とまで言われていました。日本にとってアメリカは、輸出入ともに中国に次ぐ2番めの貿易相手。米国の景気が悪くなれば、日本製品も売れにくくなるため、相場が影響を受けるのは当然です。

 

しかし、そうした前提を踏まえても、やはり現在の日本株の相場は緊急事態です。そう言い切る理由を示しましょう。

もはや「コピー相場」を言い訳にできない

次のグラフ(図表1)は、日経平均とS&P500のチャートを重ね合わせたものです。ただし、日経平均は円ではなくドル建てで計算し直しています。

 

【図表1】ドル建て比較

 

いかがでしょう? グラフの大部分は、たしかにコピー相場であったことを示しています。S&P500が上昇すれば日経平均も上昇し、S&P500が下落すれば日経平均も下落する。ごく短い期間、例外的な動きをしたことはあれど、基本的にはその原則に従ってきました。

 

しかし2020年冬以降、S&P500が上昇するなか、日経平均は独り下降に転じています。現在、このところの米国株下げにより、両相場とも右肩下がりになってはいますが、その差は歴然です。

 

ここまでコピー相場が崩れたのは、実に1998年以来のことです。当時、テックブームに湧く米国経済に対し、97年末の山一證券、北海道拓殖銀行破綻に端を発する金融危機に陥っていた日本。このときも両国の相場は大きく乖離しました。今の相場は、それに匹敵するくらいに異常な状況なのです。

株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部 チーフストラテジスト

株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部にて、米国不動産をお持ちのお客様やご購入検討中のお客様に、金融と不動産を併せた投資アドバイスや融資利用の事前相談、マーケット情報をご提供させていただくチーフストラテジスト。 20年の銀行勤務経験を活かして、自身でも独立したオフィス(リーガルコンサルティング行政書士事務所(川崎市))を持ち、海外ファンド投資やオフショア保険・銀行口座のメンテナンス交渉代行から相続手続きまで幅広くこなす。京都系辛口アドバイザー。

著者紹介

連載米国・不動産アナリストが語る、アメリカと日本、そして経済

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ