【フィリピン大統領選】マルコス氏勝利…ドゥテルテ後のフィリピンの行方 写真:PIXTA

フィリピン、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領の任期満了に伴う大統領選の結果、フェルディナンド・マルコス氏が勝利。今後のフィリピンの方向性について、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングのエグゼクティブディレクターの家村均氏が解説します。

フィリピン大統領選…元大統領の長男マルコス氏勝利

6年に1度のフィリピン大統領選が5月9日に投開票を終え、元上院議員のフェルディナンド・マルコス氏(通称ボンボン・マルコス氏)の当選が確実となりました。

 

投開票前の世論調査でもマルコス氏は現職副大統領のレニー・ロブレド氏や元プロボクサーで上院議員のマニー・パッキャオ氏など有力候補を上回る支持を集めており、そのまま独走状態を維持して大統領選を制することになりました。

 

世論調査機関による非公式の集計によれば、元独裁者の息子で同名のマルコス氏は3,000万票以上を獲得し、1986年のエドゥサ革命で父親が追放されてから36年後にマラカニアン宮殿に戻ることになりそうです。

 

マルコス氏は選挙戦で、フォロワー数が600万人を超えるフェイスブックなどのSNSを巧みに使って自らの主張を発信し、有権者に直接、支持を訴えました。

 

マルコス一族は90年代に亡命先から戻って以来、莫大な資産と広範な人脈を背景に政治の一大勢力として影響力を保ってきました。2016年の副大統領選でロブレド氏にわずか20万票差で敗れましたが、今回の大統領選はマルコス氏にとって雪辱を果たす形になりました。

 

経済界や海外投資家や企業は、マルコス氏の経済チームの発表を待っています。次期大統領の経済政策の詳細が明らかにならないなか、フィリピン総合指数(PSEi)は5/10火曜日の朝に3.1%下落しています。もっともこれは、米国を中心とする世界的な株安基調の影響もあります。また、マルコス氏は選挙キャンペーン中に経済政策を明確に提示してこなかったことが要因だと、BPIリードエコノミストのEmilio S. Neri氏は述べています。

 

次の政権は、海外からの投資を誘致するために環境、社会、ガバナンス(ESG)を促進する政策を実施する「信頼できる」「有能な」経済チームが重要となります。

 

Bloomberg とのインタビューで、フィリピン証券取引所(PSE)の社長兼最高経営責任者であるRamon S. Monzon氏は、外国人投資家がマルコス氏の経済チームのメンバーが誰になるかを見守っており、今は経済チームが誰であるかを確認するための短い待機期間と述べています。

 

政府の債務残高は、コロナ対策支出により、3月末時点で過去最高の12.68兆ペソであり、対外債務は前年比25.8%増の3.81兆ペソとなっています。

 

政府は今年、国内総生産(GDP)の7〜9%の成長を目標としていますが、進行中のパンデミック、ロシアとウクライナの戦争、高インフレが、このターゲットに暗雲をもたらしているのが現状です。

一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング エグゼクティブディレクター

慶応義塾大学経済学部卒業後、東急電鉄に入社し、海外事業部にて、米国・豪州・ニュージーランド・東南アジアなどで不動産開発や事業再構築業務に従事。また、経営企画部門にて東急グループの流通・メデイア部門の子会社・関連会社の経営・財務管理を実施した。(約15年)
その後は、コンサルティングファーム(アクセンチュア・ユニシス)や投資ファンド(三菱UFJキャピタル)などで、企業や自治体の事業再構築、事業民営化等の支援や国内外のM&A案件のアドバイザリーを実施。現在、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングにて、日本他の投資家および企業、ファンドなどに対してフィリピン不動産の販売やフィリピンへの事業進出のアドバイスを行っている

著者紹介

連載投資すべき国No.1「フィリピン」を取り巻く最新事情

※当記事は、情報提供を目的として、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティングが作成したものです。特定の株式の売買を推奨・勧誘するものではありません。
※当記事に基づいて取られた投資行動の結果については、一般社団法人フィリピン・アセットコンサルティング、幻冬舎グループは責任を負いません。
※当記事の比較するターゲット株価は、過去あるいは業界のバリュエーション、ディスカウントキャッシュフローなどを組み合わせてABキャピタル証券のプロアナリストが算出した株価を参考にしています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ