「税が重くて、軽自動車を買った」…5月に課税される自動車税“負担”の実態 (※写真はイメージです/PIXTA)

東京都主税局によると、令和4年度の自動車税納税通知書は5月2日(月)に発送されます。納期限は5月31日(火)。そんな自動車税について、自家用車を持つ人々はどう思っているのでしょうか。

【関連記事】色や車種だけで?「あおり運転のターゲットになりやすい車」「なりにくい車」の噂は本当か

「自動車税」、負担に感じますか?

毎年4月1日時点で自動車を所有している方は、都道府県に自動車税を納める必要があります。軽自動車にかかるのは軽自動車税で、納める先は市区町村になります。

 

かかる税額は総排気量や用途によって異なりますが、自家用乗用車の税額は[図表1]の通り。軽自動車の税率は一律で10,800円です。

 

単位:円 東京都主税局ホームページより作成 ※1 この税率表は、自動車税種別割グリーン化特例の適用を受けない自動車の税率の抜粋です。 ※2 車検証上総排気量が4.00リットル等、小数点以下第2位までが0の場合、税額が変わる可能性があります。
[図表1]自家用乗用車の自動車税(年額) 単位:円
東京都主税局ホームページより作成
※1 この税率表は、自動車税種別割グリーン化特例の適用を受けない自動車の税率の抜粋です。
※2 車検証上総排気量が4.00リットル等、小数点以下第2位までが0の場合、税額が変わる可能性があります。

 

総排気量はエンジンの大きさによるもので、「車検証(自動車検査証)」で確認することができるほか、自動車メーカーのカタログや「諸元表」にも記載されています。

 

なお、軽自動車の総排気量は0.66リットル以下であり、2リットル以下を小型自動車、2リットル超を普通自動車と呼称します。

 

さて、この自動車税・軽自動車税について、自家用車を持つ男女1,451人のうち実に82%の方が「負担に感じる」と回答しました(定額カーリース「おトクにマイカー 定額カルモくん」を運営する『ナイル株式会社』インターネット調査より)。

 

*****

 

Q.「自動車税の支払いについてどのように感じますか?」

 

●かなり負担に感じる … 33.5%

●負担に感じる … 48.5%

●妥当な金額だと思う … 4.8%

●どちらともいえない … 13.2%

 

*****

 

さらに、上記の質問に「かなり負担に感じる」「負担に感じる」と回答した方のうち、「車を買う際に、自動車税を理由に車種を決めたことはありますか?」には43.9%、「自動車税の支払いを意識して、車を手放したことはありますか?」には26.1%の方が「ある」と回答。

 

毎年課せられるこの税金、負担はそれなりに大きなものであることがうかがえます。

 

そして自動車税を理由に車種を決めた方のうち、約半数が軽自動車を選んだと答えています。軽自動車を選べば、小型自動車と比較しても税額を半額以下に抑えられるため、その差は大きいといえるでしょう。

 

一般に、排気量が大きな車はガソリンの消費も多くなるため、“経済的”ではないのかもしれません。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ