IMF世界経済見通し…ロシアのウクライナ侵攻で大幅下方修正 (写真はイメージです/PIXTA)

ウクライナ侵攻を受けて、世界経済はどのように変化しているのでしょうか。IMF(国際通貨基金)が公表した世界経済見通しをもとに、ニッセイ基礎研究所の高山武士氏が解説します。

【関連記事】IMFの「世界経済見通し」は大幅下方修正…中国経済、供給制約と物価上昇に引き続き留意【専門家が解説】

内容の概要…22年、23年ともに下方修正

4月19日、国際通貨基金(IMF)は世界経済見通し(WEO;World Economic Outlook)を公表し、内容は以下の通りとなった。
 

【世界の実質GDP伸び率[図表1]】
・2021年(実績)は前年比6.1%で、1月時点の見込み(同5.9%)から上方修正
・2022年は前年比3.6%となる見通しで、1月時点の見通し(同4.4%)から下方修正
・2023年は前年比3.6%となる見通しで、1月時点の見通し(同3.8%)から下方修正

 

[図表1]世界の実質GDP伸び率
[図表1]世界の実質GDP伸び率

 

[図表2]世界の名目GDP(市場為替換算ドル)
[図表2]世界の名目GDP(市場為替換算ドル)

内容の詳細…戦争の影響により、特に欧州の成長率を大幅下方修正

IMFは、今回の見通しを「戦争が世界の回復を遅らせる(War Sets Back the Global Recovery)」と題して作成した※1

※1 同日に「インフレが加速するなか、戦争が世界経済の見通しを曇らせる(War Dims Global Economic Outlook as Inflation Accelerates)」との題名のブログも公表している。

 

世界経済成長率は、22年も23年も下方修正(22年:4.4→3.6%、23年:3.8→3.6%)された。下方修正はロシアのウクライナ侵攻による影響が大きく、22年の改定幅0.8%ポイントのうち、ロシアの落ち込みの寄与が0.32%ポイント、ロシアと経済的な結びつきの強いEUの落ち込みの寄与が0.18%ポイント程度とみられる※2

※2 寄与は筆者による簡易的な試算。また、上記脚注で言及したブログにはロシアやEUの寄与がグラフ化されたものが記載されている。このブログの数値は、ロシアおよびEUの落ち込みの寄与が本稿で示した試算値より若干大きいとみられる。

 

IMFは見通しにおける戦争の前提として、予測期間において、紛争の舞台はウクライナに限られており、ロシアへの制裁は3月末時点で公表されているものから厳格化しないとしている。

 

また、コロナ禍の前提として、健康被害や経済に及ぼす影響は22年4~6月期に低下しはじめ、年末までにほとんどの国で低水準となり、新しい変異株の出現によって厳しい規制は課されないとしている(21年10月、22年1月の前提とほぼ同じ)。

 

なお、多くの国で22年にワクチンの規定回数接種は達成されず、低所得国では感染再拡大の可能性があるものの、経済活動への影響はこれまでの感染拡大期よりも小さいとしている。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

ニッセイ基礎研究所 経済研究部 准主任研究員

【職歴】
 2002年 東京工業大学入学(理学部)
 2006年 日本生命保険相互会社入社(資金証券部)
 2009年 日本経済研究センターへ派遣
 2010年 米国カンファレンスボードへ派遣
 2011年 ニッセイ基礎研究所(アジア・新興国経済担当)
 2014年 同、米国経済担当
 2014年 日本生命保険相互会社(証券管理部)
 2020年 ニッセイ基礎研究所(現職)

著者紹介

連載ニッセイ基礎研究所レポート・インサイト

※本記事記載のデータは各種の情報源からニッセイ基礎研究所が入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本記事は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。
※本記事は、ニッセイ基礎研究所が2022年4月20日に公開したレポートを転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ